264_20160714180206c51.png
 
 
 
 
 
■ 体調管理の重要性
 
 
最近は真夏のような暑い日があるかと思えば、肌寒い春の日に逆戻りするような天候が珍しくありません。異常気象と一言で片づけてしまうのは簡単ですが、こうした変化に敏感に反応するのが「自律神経」です。
 
 
自律神経が乱れてしまうと、肉体だけでなく、心も疲れやすくなります。とくに夏は暑いので寝苦しい夜がかなり長い間続くので、どうしても深い睡眠に入りにくいことから、人間本来の疲労回復効果が著しく低下し、自律神経も乱れやすくなります。
 
 
自律神経が乱れると体調不良を引き起こしやすくなり、また、精神的にも安定しないので仕事でミスを起こしやすくなるなど、日常生活で問題が多発することになりかねません。そうならないためにもしっかり体調管理する必要があります。
 
 
ということで、今回は順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生による「自律神経」を整える6つの習慣についてまとめたPRESIDENTさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。




 
 
「自律神経」を整える6つの習慣
 
 
353.png
 
 
 
 
■自律神経とは!?
 
 
自律神経は体を活動させるときに優位になる「 交感神経 」と、逆にゆったりしているときに優位になる「 副交感神経 」からなります。
 
 
この2つがバランスよく働くことで健康を維持しているのですが、健康だけではなく、自律神経が整っていてこそ、持っている力を発揮できるのです。
 
 
アスリートは「ゾーン」という表現をしますが、これは本来、逆の働きをする交感神経・副交感神経がともに高まっている状態で、集中しているにもかかわらず、落ち着いて周りも見えている極限の境地です。
 
 
現代人は交感神経が活性化しっぱなしで、副交感神経が高まらない、常にテンパった状態にある人が多い。原因を一言でいえば、ストレス社会だからです。
 
 
 
 
 
■「自律神経」を整える6つの習慣
 
 
自律神経を整えようと思っても、頭でコントロールはできません。自律神経へのアプローチ方法は体を動かす運動・行動です。自律神経が乱れない行動を心がけ、必要なときに交感神経や副交感神経を活性化させる方法をご紹介しましょう。
 
 
 
(1)通勤時の服装はゆったりめに...
 
 
まず窮屈な服装は交感神経の働きを上げます。疲れが取れないときは、通勤時にはネクタイをせず、シャツの一番上のボタンも外して、ネクタイは会社で締めましょう。
 
 
 
 
(2)シャツの色を決めてしまう
 
 
シャツといえば、私は「基本的にシャツは白しか着ない」と決めています。服選びの時間が短くて済むということもありますが、ささやかなことでも、なにかを選択する行為はストレスを生みます。
 
 
「考えるべき重要な問題」と、「考えることなくオートマチックに行動すること」を区別し、さほど重要でないことは徹底的にルール化し、オートマチックに処理する。余計なストレスを招かないというのは、自律神経を乱さないためにとても重要なことです。
 
 
 
 
(3)温度の変化に敏感になる!
 
 
これからの季節、外は猛暑、室内は冷房と温度差が激しくなりますが、これも自律神経を乱す要因です。涼しくても、気持ちいいこと=自律神経にいいことではありません。薄手のセーターを着るなどして、温度変化に対応しましょう。
 
 
 
 
(4)嫌なことがあったら階段の登り降り!
 
 
現代社会で、もっとも大きなストレスとなるのが人間関係。ビジネスシーンでも上司や取引先とトラブることがあるでしょう。落ち込んで、心がざわざわしたまま仕事に戻っても作業ははかどりません。
 
 
上司に叱られた時点で自律神経は乱れ、コンディションは最悪です。そんな状態では作業能率は上がらず、判断力も低下していますから、ミスを誘発するだけです。
 
 
しかも、自律神経はいったん乱れると3~4時間は元に戻りません。結局、なにもはかどらず無駄な時間を過ごしてしまうことになります。「気持ちを切り替えよう」と思っても効果はありません。
 
 
メンタルの問題をメンタルで処理しようとしても無理です。そういうときこそ体を動かすべきなのです。いったん席を離れ、階段を1~2階分、ゆっくりとリズミカルに上り下りしてください。
 
 
血流がよくなり、副交感神経の働きが高まり落ち着きます。ミスの後処理をどうするかなどの事後対策は、こうして体を動かしてから考えたほうが、いい方法が見つかります。
 
 
 
 
(5)集中できないときは片付けをする!
 
 
イライラして仕事が捗らないときなどは、一度手を休めてデスクの周りを片付けるといいでしょう。イライラしているときは血流だけでなく呼吸も乱れていますので、そのまま仕事を進めても調子が上がる可能性は低いです。
 
 
片付けや掃除することで気分がすっきりするだけでなく、頭の中もしっかり整理されるので、効率よく仕事を進めることができるようになります。
 
 
 
 
(6)入浴は全身浴5分、半身浴10分
 
 
現代人はリラックス(副交感神経優位の状態)が苦手ですが、寝る前の正しい入浴は副交感神経を高めます。湯は39~40度のやや温めにし、掛け湯をした後、ゆっくりと湯船に入り、5分間、首まで浸かります。
 
 
次に半身浴を10分。これが基本です。半身浴で体を芯から温めると、お風呂から出たときの冷えを感じることが少ないので、温度差の影響を受けずに済むのです。
 
 
 
 
■緊張を和らげるには
 
 
●副交感神経を活性化
 
 
(1)人さし指、中指、薬指の3本を使って側頭部からおでこ、顔の全体を、軽く触れる程度の力でやさしく叩く。
 
(2)手で三角形を作り、頂点がへその下に当たるように置く。4秒かけて息を吸い、8秒かけて息をすべて吐き切る。
 
 
 
 
■やる気をアップするには
 
 
●交感神経を活性化
 
 
(1)足を肩幅ほど開いて真っ直ぐに立つ。頭の上で手首を交差させる。肩甲骨が内側によるのを意識し、息を吸いながら全身を上に伸ばす。
 
(2)次に息を吐きながら腹に力を入れ、上体を前にゆっくり倒し、ゆっくり吐きながら戻る。
 
 
 
 
【出典】 PRESIDENT Onlineさん(文・小林弘幸先生)
 
【画像】 Pinterest
 
 
 

 
 
【動画】土井治療院
 
自律神経失調症を改善するセルフケア
 

 
 
 
 
 カテゴリ
 タグ
None