439.png
 
 
 
 
 
■砂糖は危険?
 
 
私昔から自他共認める大のスイーツ好きでして、「太る」とわかっていても、ついつい口にしてしまい、食べ終わったあとに「罪悪感」に苦しめられるといった具合のことを長らく続けていました。
 
 
しかし、その後かなり長い間「体調不良」に苦しめられることとなり、一時期全く食べませんでしたが、最近は自分への「ご褒美」程度に食べるようにしています。
 
 
スイーツには砂糖が沢山使われているので、食べている時の多幸感はハンパではありませんよね。また、中毒性もあるので、しっかり意識しないと、禁断症状に襲われてしまいます。
 
 
砂糖は、甘くて美味しいですが、肥満などによる健康被害も深刻なので、注意が必要です。ということで、今回は砂糖の危険性について分かりやすくまとめたWoorisさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。





 
 
タバコと同じくらい危険かも!?
砂糖が及ぼす「健康と美容の悪影響」4つ

 
 
440_20160616211756107.png
 
 
 
■1:心臓疾患・糖尿病に罹りやすくなる
 
 
「心臓病と糖尿病がどう関係あるの?」と思うでしょうが、大アリなのです。砂糖は血糖値を上げることで、血液の中で過度なインスリンを発生させてしまうそう。
 
 
そうなると動脈に負担がかかり、その結果高血圧になって心臓疾患に繋がってしまうというわけだそうです。糖尿病の患者には、心臓疾患を患う人が多いといいます。
 
 
また、1日に摂取して良い砂糖の量をオーバーして、150calの砂糖を摂るごとに、糖尿病の確率が1.1%上昇するそうです。スイーツは、たまの楽しみ程度にしておきましょう。
 
 
 
 
■2:肝臓に脂肪がつく
 
 
砂糖がたくさん入った食品を食べ過ぎた結果として、肝臓が脂肪を貯蔵しやすくなってしまうそうです。それも、肝臓自体の周りに脂肪が付いてしまうそうなので驚き……。
 
 
肝臓が脂肪に覆われている図を想像すると、スイーツもあまり食べたくなくなりそうですね。もちろん、清涼飲料水などにもご注意ください。
 
 
 
 
■3:うつになりやすい
 
 
落ち込んだときや悲しいとき、つい手が伸びてしまうのがスイーツ。「心を慰めてくれる」と思いきや、9,000人を対象にした研究によると、かえってさらに落ち込むことになってしまうそうです。
 
 
逆に、砂糖を避けて健康的な食生活を送る人はうつに罹りにくいそうです。気分が暗い……という方、まずは毎日の食生活を見直してみてくださいね。
 
 
 
 
■4:肌のコラーゲンを壊す
 
 
「タバコ吸わないから大丈夫」と安心して砂糖のたっぷり入ったスイーツをパクパク……なんてダメ!なんと砂糖は、肌をみずみずしく保つコラーゲンやエラスチンに含まれるタンパク質を壊す働きを持つそうです。
 
 
また、体内のアンチオキシダントの働きを止めてしまうそうです。砂糖を食べると、タバコと同じくらいオバ顔まっしぐら……になってしまうのですよ!
 
 
 
 
■最後に...
 
 
以上、砂糖が及ぼす健康と美容への悪影響をご紹介しましたが、いかがでしたか?。この他にも、調べれば砂糖の悪影響はたくさん。
 
 
たま~の楽しみにとっておいて、普段は加糖された食品をなるべく食べず、甘みが欲しかったらハチミツやフルーツなどで代用してみてくださいね!
 
 
 
 
【出典】 Woorisさん:(相馬佳さんの記事)
 
【画像】 Pinterest
 
 
 

 
 
【動画】jicken5boxさん
 
砂糖をやめただけで生活が激変しちゃった人々
 
 
 
 
 
 
 タグ
None