857.png
 
 
 
 
 
■テレビの電源をつけっぱなしに要注意!
 
 
10代~20代男女のテレビ離れが深刻なようですが、そうした動きが今後中高年にも広がるかもしれません。というのもテレビを習慣的に見ている人はタバコを吸うよりも健康面で悪い影響をおよぼすことがオーストラリアの研究機関によって明らかになったからです。
 
 
平日は仕事の関係でほとんどテレビを見ない人でも金曜日の深夜からずっとテレビを見て過ごすケースが少なくなりません。朝起きてテレビのスイッチを入れてしまうと、その場から離れるのが難しくなってしまいますよね。
 
 
テレビを長時間見る人は極端な運動不足になってしまうリスクが高いようです。その他にも長時間テレビを見ることによるデメリットは色々あるのですが、そうれらを総合するとタバコの2倍も寿命を短くしてしまうのだとか。
 
 
しっかり目的を持って、見る時間を決めてからテレビの電源を入れたほうがいいようです。ということで、今回はテレビを長時間見ることの有害性について解説しているWoorisさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。





 
 
タバコの2倍も寿命が縮む!? 「テレビ視聴の時間」と寿命の関係性
 
 
858.png

 
 
 
 
■テレビ視聴がもたらす悪影響はたばこ以上!?
 
 
家にいると、なんとなくテレビをつけてなんとなく見ている、といった人も少なくないはず。
 
 
ただ、この習慣はちょっと要注意です。英国のスポーツ医学誌に発表された研究によると、テレビの視聴時間が1時間増えるごとに、なんと寿命が“22分も短くなってしまう”と分かったのです!
 
 
人の健康を害する嗜好品の代表例として、たばこがありますが、たばこは1本吸うたびに11分、寿命が縮むとされています。
 
 
喫煙とテレビの視聴を単純に比較はできませんが、たばこ1本よりテレビ1時間の方が倍も寿命が短くなる恐れがあるなんて、驚きですね!
 
 
 
 
■テレビを1日6時間見続けると5年も寿命が短くなる!?
 
 
上述した英国のスポーツ医学誌に発表された研究は、オーストラリアで25歳以上の成人1万1,000人以上を対象に行われた大規模な調査(オーストラリア糖尿病・肥満・ライフスタイル研究)を基にしています。
 
 
研究者たちは被験者のテレビの視聴時間を割り出し、その数字が寿命にどのような影響を与えるかを分析しました。その結果、1日平均6時間の視聴をすれば、全く見なかった場合と比べて“約5年近く”も寿命が短くなってしまうのだとか……。
 
 
その理由の大きな部分は、テレビ視聴による運動不足。運動不足が肥満や糖尿病リスクを高め、結果として寿命が縮まってしまうのだそうです。
 
 
 
 
■テレビ抜きで健康的にGWを過ごすテクニック
  
  
さらに『WooRis』の過去記事「肥満だけじゃない……言語発達にも!子どもの“テレビの長時間視聴”による悪影響」では、テレビの長時間視聴が“子どもの肥満や脳の発達”にも悪影響を与えると紹介しました。
 
 
ゴールデンウイークも近づいてきましたが、出かけると混むしお金もかかる。なので予定を立てずに、とりあえず家で家族揃ってだらだらテレビを見る…という生活になりそうな人もいますよね?
 
 
そんな方は、米国政府が提案する子どもとの休日の過ごし方を参考にしてみてはいかがでしょうか? その内容は、例えば、
 
 
・おじいちゃん、おばあちゃんに贈り物を渡しに行く
 
・家族で一緒に料理を作ってみる
 
・地域の清掃活動に一緒に参加してみる
 
・ボランティアのイベントに参加してみる
 
・ゴールデンウイークの各休日の意味を調べてみる
 
など、お金をかけずに楽しめるアイデアはたくさん! 工夫をして、だらだらテレビを見る時間をできるだけ減らしましょう。
 
 
 
いかがでしたか?
 
テレビ視聴が1時間増えるごとに、寿命が22分も短くなるなんて驚きですよね……。テレビの長時間視聴は、想像以上にリスクが高いようです。無駄にダラダラとテレビを見る習慣のある方は、ぜひとも今日から改善してみましょう。
 
(ライター:坂本正敬さん)
 
 
 
 
【出典】 Woorisさん:(坂本さんの記事)
 
【画像】 We Heart It
 
 
 

 
 
 
【出典】
 
テレビは見てはいけない:苫米地英人著
 

 
 
 
 カテゴリ
 タグ
None