12120180310ht.png
 
 
 
■ なわとびはジョギングよりもカロリー消費効率が高い!?
 
 
意外に思われるかもしれませんが、欧米では数あるエクササイズの中で「なわとび」の人気が非常に高いです。日本では大人の男女がなわとびをしている姿を見かけることはほとんどありませんよね。小学生くらいの子供たちがやる運動といったイメージが強いです。
 
 
しかし、今後なわとびは日本でも人気が広がるかもしれません。というのも「なわとびダイエット」は、ダイエットエクササイズの中でカロリー消費効率が一番高く、心肺機能の向上や全身の筋肉量を増やして血流を改善するといった健康効果が非常に優れているためです。
 
 
 
 
 
12620180310ht.png
 
 
 
■ なわとびの健康効果がスゴイ!
 
 
例えば縄跳びはジャンプをすることで全身の脂肪を揺らしながら筋肉を程よく刺激します。これが非常に効率が良い全身運動となるので、10分程度まっすぐ普通に飛ぶだけで、その効果は軽いジョギングの1.3倍になるとされています。
 
 
また、上図にありますとおり、ふくらはぎや下半身の引き締めに優れた効果を発揮してくれますので、数あるダイエットエクササイズの中でダイエット効果は1位といっても過言ではありません。過酷な減量を強いられるボクシングの世界でも今だに行っています。
 
 
また、二重回しなどは、お腹の筋肉も使いますし、腕を素早く回すので肩甲骨を刺激してくれるので、縄跳びのダイエット効果が高いのもうなずけます。ということで、今回は縄跳びダイエットの優れたダイエット効果の解説と縄跳びのやり方を解説した動画をご紹介します。





 
1位なんと「縄跳び」!カロリー燃焼率の高い運動ランキングと長寿の健康法
 
 
793.png
 
 
 
 
■カロリー燃焼率1位は「縄跳び」
 
 
3位:キックボクシング
 
 
「キックボクサーって皆、なんで痩せてるんだろ」と思ったことのある人も多いでしょう。体重制限のための減量もさることながら、全身を使った激しい運動を続けていれば、脂肪もガンガン燃焼できそうです。
 
 
素人にはなかなかプロのような華麗な動きはできませんが、1時間で582~864kcalを燃焼するそうです。
 
 
 
 
2位:ランニング
 
 
根強い人気を誇り、誰でも気軽にできるのがランニング。運動中だけでなく、その後も1日中カロリーを燃焼し続けるほど体力を使うというから驚きです。
 
 
1.6kmを10分で走るペース(時速約10km)でランニングを1時間すると、566~839kcalを燃焼するそうです。
 
 
 
 
1位:縄跳び
 
 
そして、なんとキックボクシングやランニングよりカロリーを燃焼するエクササイズ1位は……なんと小学生の頃よくやった縄跳び!
 
 
さすが、アスリートのエクササイズとしてもよく使われるだけのことはありますが、まさか簡単な縄跳びで、そんなにいい運動になるとは予想もしませんでしたよね?
 
 
これなら、普通に売っている縄跳びの縄を買ってくるだけで、少しのスペースがあれば外で簡単に実行することが可能です。
 
 
なんと、1分120回のペース(テンポ良く長く続けることがコツですね!)で、1時間に667~990カロリーも燃焼するそうです! ということは、10分でも110kcal近く燃焼するんですね……。
 
 
 
 
 
12820180310ht.png

 
 
■ なわとびダイエットのやり方
 
 
なわとびを始めるまえにウォーミングアップとしてウォーキングや軽めのジョギングをして体を温めると、より脂肪の燃焼効果を高めてくれます。無理をすると身体を痛めてしまいますので、いきなり10分も飛ぶ必要はありません。
 
 
最初は1分間に60回程度とぶのを目安として3分間続け、これを1セットとして間に5分程度の休憩を入れ、3セット行いましょう。慣れてきたら1日に行う回数やセット数を増やしていくと、無理なく続けることができます。
 
 

『なわとびダイエットの進め方』
 
(1)1ヶ月目 10分以内 1分間に50~60回 3分毎に休憩30秒
(2)2ヶ月目 10分以内 1分間に60~70回 5分毎に休憩30秒
(3)3ヶ月目 10分以内 1分間に70~80回 休憩1~2回10秒
 

 
 
そして、まずは両足とびから初めて、慣れてきたら駆け足とび、ケンケンとび、交差とび、2重とびといった具合に難易度をあげてあげると、より健康効果がアップします。
 
 
 
 
 
12720180310ht.png
 
 
 
■ なわとびダイエットを行うさいの注意点とは?
 
 
なわとびダイエットの効果を高めようと、最初から全力投球してしまう人が少なくありません。あまりにも最初から飛ばしてしまうと、モチベーションを維持するのが困難であるため、挫折する可能性が高いです。
 
 
そうならないためにも以下にある注意点をしっかり守って、なわとびを行ないましょう。
 
 

(1)背中を丸めたり、後ろ体重になったりしないようにする
(2)ジョギングシューズなど軽くてクッション性のあるシューズを履く
(3)こまめにインターバルをとる
(4)あまり高く跳ばないこと
(5)コンクリートの上でとぶのは避ける
 

 
 
 
 
794_201604192157535f8.png
 
 
 
■ さいごに
 
 
いかがでしょうか?。エクササイズは毎日続けることが大事です。やはり激しいエクササイズを長時間すればその分カロリーや脂肪を燃焼しますが、すなわち健康にいい……というわけではなさそうです。
 
 
エクササイズするのでも、体に無理がないことが大事。過去記事「“運動すればなんでもいい”は間違いです。長寿をもたらエクササイズのガイドラインは週150分程度です。
 
 
また、一番健康および長生きにいいとされるのは、“週450分程度のウォーキング”(1日に約1時間)なので、ウォーキング+なわとびダイエットのようなのカロリー燃焼エクササイズをたまに組み合わせ、効果的にエクササイズしましょう!
 
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
【動画】 MuscleWatchingさんのチャンネル
 

 
太ももの付け根の脂肪を落とす!4分間なわとび有酸素運動!
 

 
 
 カテゴリ
 タグ
None