65_20160322022433a1e.png

 
 
 
 
卵は美容、健康、メンタルに効く!?
 
 
卵料理は色々な種類がありますが、中でもゆで卵は手間暇がかかるので奥が深いですよね。
 
 
卵自体美容と健康にいいですし、最近では卵など動物性タンパク質に含まれる「トリプトファン」が幸せホルモンの「セラトニン」の分泌を活発化する働きがああることが明らかになり、メンタルにも非常に良いことが明らかになっています。
 
 
ただし、食べ過ぎはカロリー過多となるので、注意しなければなりません。ということで今回は卵の美味しさを最大限に引き出す極上のゆでたまごの作リ方をご紹介します。




極上ゆでたまごの作り方
 
 
(1)沸騰させたお湯に、やさしく生卵を入れます、殻にひびが入ると白身が出て来てしまうので十分注意してください。動画内でも解説されていますが、安全ピンを使って穴を開けると殻が割れにくくなります。
 
 
(2)7分間茹でます、半熟ゆで卵の場合(5分を目安に)は自分の好みにあわせて茹でる時間を調節しましょう。茹でている間卵をそのまま放置していけません。できるだけ良い状態で黄味が卵の真ん中に来るようにするために時々かき回してください。
 
 
(3)7分間茹で終えましたら、お湯を捨てて流水入れ、何回か流水を入れ変えながら鍋を軽く振って、卵のからにひびを入れます。こうすることによって殻と白身の間に水と空気が入るので殻が剥がれやすくなります。
 
 
(4)水の温度が人肌程度まで下がったら、殻を剥いていきます。すでにヒビを入れてるので、面白いように殻が剥けます。
 
 
(5)むき終わったら一旦冷やすことをお勧めします。黄味の中心に熱が残ってしまうと黄味の回りが熱で黒ずんでしまうためです。また、15間分以上茹でると、同じように黒ずみが出来てしまい味が落ちるので注意してください。
 
 
 
最後に今一度おさらいしましょう。お湯が沸騰してからの7分茹でて、流水で鍋を振って殻を割り、流水の水がぬるくなったところで殻をむいて一旦冷やします。
 
 
たったこれだけですが、卵は茹でる前に常温にしておくことをおすすめします。
 
 
 
【出典】編集部アールニジュウゴ
 
「ゆで卵を完璧につくる方法」
 

 
 
 カテゴリ
 タグ
None