390_2016031621255311d.png
 
 
 
 
■ ブロッコリーが万病の元「脂肪肝」「肝臓がん」に効く!
 
 
肝臓がフォアグラ状態になってしまう「脂肪肝」を患う人たちが年々増えています。
 
 
脂肪肝は生活習慣病の代表の一つで、これまでは中高年に多く見られる病気だったのですが、最近は食の欧米化が過度に進んだことから、30歳代の方の間でも脂肪肝を患うケースが増えています。
 
 
また、脂肪肝の原因についてですが、食べ過ぎ、飲み過ぎ、ストレス、運動不足、肥満、無理な食事制限をするダイエットなどがあげられます。脂肪肝は症状が出にくい病気の一つですが、疲れやすい、肩がこる、頭がボーッとするなどの症状が見られます。
 
 
120161017.png
 
 
 
しかし、脂肪肝とは気づきにくいので、そのまま放置してしまうケースが多く、そうなると肝臓がんへと進行してしまうリスクが高まるので十分注意です。そうならないためにも生活習慣を正す必要があります。
 
 
そうした中で注目を集めているのが、「ブロッコリー」です。ブロッコリーは様々な病気に効く万能食ですが、今回J-CASTニュースさんがブロッコリーの脂肪肝、肝臓がんを予防する効果について分かりやすく解説されています。
 
 
こちらの記事と合わせてブロッコリーを美味しくいただく方法を解説している動画を合わせてご紹介させていただきます。





 
 
ブロッコリー「最強野菜」の証明 
「万病の元」脂肪肝と肝臓がんを防ぐ

 
 
389_20160316213022108.png
 
 
 
 
■ 外食の時は必ずブロッコリー入りのサラダを
 
 
肥満が問題になっているが、肥満の健康被害は最初、肝臓に中性脂肪が蓄積する脂肪肝となって現れる。
 
 
脂肪肝は自覚症状がまったくなく、放置すると肝機能が低下するため糖尿病や動脈硬化、肝臓がん、肝硬変に進むことが多い。
 
 
日本人の4人に1人が脂肪肝というデータがあるほどだ。そこで、脂肪肝を防ぐことが生活習慣病予防には最重要となるわけだ。
 
 

研究チームは、マウスに次の4種類のエサを与える実験をした。
 
 
(1)普通のエサ。
 
 
(2)普通のエサに10%の重量のブロッコリーを混ぜる。
 
 
(3)脂肪と糖分の多いエサ。
 
 
(4)脂肪と糖分の多いエサに10%の重量のブロッコリーを混ぜる。
 

 
 
そして、それぞれのマウスに発がん性物質を繰り返し与え、6カ月後に肝臓の状態を調べた。すると、(3)の脂肪と糖分の多いエサを食べたマウスは特にがんの発症率と中性脂肪の量が多かった。
 
 
それでも、(4)のブロッコリーを混ぜたマウスは、(3)に比べて中性脂肪の量が少なく、がんの発症率も低かった。また、がんを発症した場合でも進行の度合いが遅かったという。
 
 
ブロッコリーには「スルフォラファン」という非常に抗酸化力が高いフィトケミカル(植物由来成分)がたっぷり含まれている。これが肝機能の向上に働いているようだ。
 
 
320161017.png
220161017.png
 
 
今回の結果について、ジェフリー教授は「ファーストフード店で食事をする時は、必ずブロッコリー入りのサラダを注文してください。もし、なければ同じアブラナ科の野菜のカリフラワーや芽キャベツもオススメです」とコメントしている。
 
 
420161017.png
 
 
 
【出典】 J-CASTニュースさん
 
【画像】 We Heart Itさん
 
 
 

 
 
 
【出典】
 
美味しいブロッコリーの茹で方~基本編~
 

 
 
 カテゴリ
 タグ
None