342.png
 
 
 
 
 
なぜ二日酔いになるの?
 
 
今回のテーマは二日酔いです。またあわせてご紹介させていただく動画は二日酔いを解消するための方法が大変分かりやすくまとめられています。
 
 
師走に入ったので、忘年会などで何かと飲む機会が増えると思いますが、冬場の二日酔いは結構辛いですよね。これまで何度も苦しい思いをしてきました。
 
 
人によっては飲む前に飲む薬やサプリメントを摂取するのがいいとされていますが、私の場合そうしたサプリを飲むと本当に夜眠れなくなります。
 
 
冬はまでいいですが、夏場に飲んだ状態で眠れないとなると本当に地獄です。
 
 
大量に飲んでも楽しければ当日は天国です。しかし翌日は地獄だったなんてことになりかねませんので要注意です。




二日酔いの原因
 
 
翌朝「頭が痛くて目が覚めた」、なんてことにならんたいためにも、飲み会翌日の頭痛予防・対応策が重要です。そして、アルコールは、以下の通り分解されます。
 
 
(1)アルコール
 
(2)アセトアルデヒド
 
(3)酢酸
 
(4)二酸化炭素
 
(5)水
 
 
このアセトアルデヒドという物質が強い毒素を持っているんです。この物質が残ってしまうと、あの辛い二日酔いや頭痛を引き起こします。
 
 
翌朝の頭痛の原因は間違いなくこれです。また、アルコールは血管を拡張させる作用があるので、血管が拡張すると周囲の神経を刺激します。
 
 
これにより偏頭痛を起こしてしまいます。
 
 
 
343_201603112203432a9.png
 
 
 
 
 
なぜ飲み過ぎてしまうのか?
 
 
よくお酒を飲むと喉が乾きますよね?。散々飲んだのにビールを飲んで喉を潤そうとした経験ありませんか?。これが落とし穴なんです。さらに飲む量が増えます。
 
 
アルコールを体内できれいに分解するにはそれ相当の水分が必要となるんです。お酒を飲みすぎた次の日は脱水症状に陥ることも多いので、要注意です。
 
 
冬場の今の時期はいいですが、に夏場は脱水症状になりやすいので、十分気をつけなければいけません。水分補給は水、もしくはスポーツドリンクにしてくださいね。
 
 
翌日頭痛にならないための予防策については、寝る2時間前までには1リットルくらい水をたっぷり飲むといいです。
 
 
アミノ酸はアルコールを分解する働きがあるので、豆腐やチーズがおすすめです。
 
 
 
 
344_20160311220342844.png
 
 
 
 
二日酔いはカフェインが効く
 
 
またカフェインもオススメです。というのもカフェインには、血管を収縮させる働きがあるうからです。コーヒーや緑茶を飲めば次第に辛い症状が軽くなっていきます。
 
 
しかし、カフェインは飲みすぎると胃に負担をかけるので注意が必要です。ウコンなど必須アミノ酸が肝臓の働きを活発化してくるので、こちらも二日酔いに効果を発揮します。
 
 
但し、その日の夜眠れなくなるかもしれませんので、この点は要注意です。
 
 
 
【出典】
 
「二日酔い対策☆予防・解消☆食べ物で自然療法」
 

 
 
 
 カテゴリ
 タグ
None