355_20160311192255dea.png
 
 
 
 
 
■ 休息は仕事です!?
 
 
週末になると仕事などの疲れがどっと出て、疲労感を覚えることが少なくないと思います。そうした疲れの症状は脳や体からの「安め」というサインに他なりません。
 
 
しかし、多くの方がこうした休息のサインを見過ごしてしまい、週末を余計に疲れて過ごしてしまいがちです。私の友人に手帳に2ヶ月先までのスケジュール(休日も含む)がびっしり詰まっていないと不安で仕方ないという人がいました。
 
 
ここまで極端なケースは少ないと思いますが、我々日本人は休息することが極端に苦手な民族ですよね。休めないというより、休まない、何かしらしていないと気がすまないタイプの方が多いです。
 
 
 
 
2614016917.png
 
 
 
 
しかし、休息や睡眠をしっかり取らずに、疲労をそのまま放っておくと、知らず知らずのうちに何かしらの病気が進行してしまうので、自分から休めない人こそ「休息も仕事」という考え方がどうしても必要です。
 
 
休息には、積極的休息(ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動をして心と体をリフレッシュする)と、消極的休息(ボーっとして過ごす、ひたすら寝る、瞑想など)の二つがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。
 
 
ということで、今回は効率よく休息するための方法について解説している「ライフハッカーさん」の記事の抜粋と精神科医の樺沢紫苑先生が脳の疲れをリフレッシュさせる方法を解説した動画を合わせてご紹介させていただきます。



 

 
 
「積極的休息」で効果的に心身の疲労を回復。
疲れているからこそ有酸素運動を

 
 
340.png
 
 
 
 
 
疲労回復のキーとなるのは有酸素運動!?
 
 
疲労した状態とは、仕事や日常生活に必要なエネルギーがなくなった状態。体力はもちろん、集中力や思考力、気力までもが低下・欠如してしまうことは、ご存知の通り。
 
 
そんな疲労を回復し、心身を正常な状態に戻してくれるのが「休息」です。休息には、「消極的休息」と「積極的休息」の2種類があり、双方を上手に使い分けることが疲れた身体を効率的に回復するためには重要です。
 
 
 
 
55_20160311192301c80.png
 
 
 
 
消極的休息とは?
 
 
消極的休息は、昼寝や睡眠のように体を動かさずじっとしている休息のこと。一方、積極的休息は、ウォーキングやヨガなどの有酸素運動で血液の循環を良くして、疲労物質である乳酸の分解をスムーズにし、疲労の回復を早めることを指します。
 
 
心身の疲労を効果的に回復させるなら、積極的休息が理想的。パーソナルトレーナーであるタマラ・グランド博士によると、積極的休息をとることで、筋肉痛の発生を遅らせたり、関節の使い過ぎによるケガを予防するなどの効果が見込めるそう。
 
 
また、ストレスなどの精神的な疲労を取り除くのにも有効とされています。
 
 
 
【出典】 ライフハッカーさん
 
【画像】 We Heart It
 
 
 

 
 
【出典】樺沢紫苑先生
 
「脳をリフレッシュする方法」
 
 
 
 
 カテゴリ
 タグ
None