332.png

 
 
 
 
バナナは色によって効能が微妙に変わる!?
 
 
私が小学6年生のころの担任の先生が団塊世代の方でして、当時学校の給食でバナナを残す生徒が毎回数人いたため、念仏のように「先生が子どものころは病気にならないとバナナは食べれなかったのよ」とバナナのありがたさを説かれました。
 
 
当時バナナは本当に貴重な栄養源だったようで、戦後世代の子どもたちにとっては夢のようなごちそうだったようです。今ではスーパーで大量に売られているので、ありがたみを感じにくいですが、その先生のいうとおり、感謝しなければいけませんよね。
 
 
ところで、バナナは出荷されてから数日間で変色していきますよね。このとき色によって効能も変化していくことをご存知でしたでしょうか?。熟度によってバナナの味も大きく変わります。私はハーフイエローくらいの青みがかった固めのバナナが好きです。
 
 
ということで今回はバナナの効能についてと、バナナを美味しく食べるためのポイントについて解説しているカラパイアさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。



 

 
 
バナナの食べ頃はいつ?健康にもっとも良いバナナの食べ時期を科学的に検証。
 
 
ほとんどのバナナは輸入品で、植物検疫法の関係上、青く硬い状態で日本に輸入される。人によってはまだ熟す前の青いバナナが好きだったり、適度に熟している方が好きだったり、完全に熟れきったバナナが好きだったりといろいろあると思う。
 
 
そういった好みはさておき、バナナは熟れるにつれて栄養価が変化するのをご存知だろうか?ここでは体に良いバナナの食べ頃ってやつを科学的見地から見ていこう。
 
 
 
331.png
 
 
 
 
バナナの知られざる秘密とは!?
 
 
ほとんどのバナナは輸入品で、植物検疫法の関係上、青く硬い状態で日本に輸入される。人によってはまだ熟す前の青いバナナが好きだったり、適度に熟している方が好きだったり、完全に熟れきったバナナが好きだったりといろいろあると思う。
 
 
そういった好みはさておき、バナナは熟れるにつれて栄養価が変化するのをご存知だろうか?ここでは体に良いバナナの食べ頃ってやつを科学的見地から見ていこう。
 
 
バナナの中に含まれる酵素は、熟するにつれ、でんぷんを糖分に分解し続けている。その為、完熟バナナはほとんどのでんぷんが糖分に分解されているので消化にもよい。
 
 
ただし、いくつかの研究によれば、バナナが熟れる過程でビタミンやミネラルは減少してしまうそうだ。冷蔵庫に入れておいた方がいいのはそのためだ。
 
 
 
330.png


 
 
日本の研究者が最近面白い研究結果を発表した。バナナは熟れるにつれて、抗酸化物質と抗がん特性が増加するのだそうだ。
 
 
黄色い皮の上に黒い斑点(シュガースポット)ができている完熟バナナには、異常な細胞と戦うTNF(腫瘍壊死因子)という物質が含まれている。抗がん特性はシュガースポットの色が暗いほど強いらしい。
 
 
さらに完熟バナナは緑色のもぎたてバナナの8倍も免疫システムを高める効果があることも明らかとなっている。
 
 
 
【出典】 カラパイアさん

【出典】 butterbinさん
 
【画像】 We Heart It
 
 
 

 
 
 
【出典】
 
「甘熟王バナナの食べごろ」
 

 
 
 
 カテゴリ
 タグ
None