317.png
  
 
 
 
 
■ 右脳人間、左脳人間は本当にいるの!?
 
 
今回のテーマは優れた人間の脳の仕組みについてです。よく「あなたは右脳派、左脳派?」といったことを問う雑誌などのメディアががありますよね。
 
 
実は明確に右脳人間、左脳人間と分けることはできないのですが、脳の仕組みを解説するうえでわかりやすいということで、こうした例えが用いられるようです。
 
 
ちなみに私はどんな問題を解いても必ず「右脳派」と分類されるのですが、正直以前はあまり嬉しくありませんでした。しかし、最近は右脳の特性をしっかり理解して、それを強みにしたほうがいいなと最近は考えるようにしています。
 
 
下の方に見ただけで右脳派か左脳派かわかるテスト動画をご用意させていただいたので、是非試してみてくださいね。



 
■ 右利き、左利きについて
 
 
人は生まれながらにして利き手として右利き、左利きに別れ、どちらかの手を優先的に動かすわけですが、意外に思われるかもしれませんが、世界全体で見た場合、圧倒的に右利きが多く、左利きは10%程度しかいないことが明らかになっています。
 
 
他の動物と比較しても、右利きがこれほどまでに多いのは、人間だけのようです。また、考古学のデータから見ても、少なくとも5000年前に地球上にいた人間の9割は右利きだったようです。
 
 
しかし、さらに時代を原人類がいた200~250万年前遡ってみると、右利きは59%です。これは、ホモハビリスの作った石器を調べた結果得られたもので、かなり正確なデータと言われています。
 
 
右利きが増えた理由としては、二足歩行をはじめ、道具を使い、言葉を操るようになる進化の過程で、脳が大きく発達し、それとともに右利きが増えたとされています。
 
 
 
 
 
■ 右脳と左脳の特徴について
 
 
人には利き腕や効き目があるように利き脳というものがあるのをご存知でしょうか?右脳が感性の脳、左脳が理論や言語の脳と呼ばれるようにどちらの脳が良く発達しているかを知ることで自分の適性を判断することが出来ます。
 
 
一般的に言われるのは、「右脳」は喜怒哀楽などの感情や感性、イメージ力、直感などのアナログ型思考。一方「左脳」は言語、計算、論理などのデジタル型の思考をします。
 
 
 
 
318_20160309191438a8b.png
 
 
 
 
 
■ 利き手ならぬ利き脳は本当にあるの!?
 
 
普段から自分が物事をどのように考えているかによって、優先的に働く脳がわかりますので、それを「利き脳」と判断することができると思います。
 
 
利き脳は先天性・後天性とありますので、ライフスタイルや職業などによって変わる場合もあります。
 
 
普段あまり考えることがないかと思いますが、意識してみると職業が経理や保険関係の方で数字と関連し、計算をよくする方は左脳がよく使われてると考えられますので、後天的に変わるということもいえます。
 
 
 
 
 
■ 簡単な診断でわかるあなたの脳タイプ!
 
 
以下の動画をご覧頂き、女性のシルエットが時計回り、反時計回りのどちらの側に向って回っているかを確認してください。これだけで右脳派、左脳派を診断できます。
 
 
一般的に言われるのは、「右脳」は喜怒哀楽などの感情や感性、イメージ力、直感などのアナログ型思考。一方「左脳」は言語、計算、論理などのデジタル型の思考をします。
 
 
 
●右脳派の人の特徴、「クリエイティヴな右脳人間、直感的、イメージ重視、空間認知」
 
 
●左脳派の人の特徴 「論理的思考が強い、真面目、言語・数学重視。」
 
 
 
【動画】
 
「見ただけで右脳派か左脳派かわかるテスト 回転の錯覚」
 
 
 
 
 
 タグ
None