289_201603051822287cb.png
 
 
 
 
 
■ 凄すぎるみそ汁の高い効果とは!
 
 
実は私最近みそ汁に凝ってまして、一日2~3杯は食しているのですが、とにかく体調がすこぶる良くなったのと、食べる量を減らしたわけでもないのに1ヶ月で3キロほど痩せました。
 
 
ということでみそ汁とみそ汁に含まれている成分を色々と調べていると、みそ汁には美容と健康に効く高い効果が隠されていたことが明らかになったんです。
 
 
サプリメントを飲むくらいならみそ汁を飲んだほうが遥かに体にいいです。それくらいみそ汁には美容と健康に関する凄い効果があるんです。これを世界にアピールすれば絶対にヒットすると思います。



 
413_20160729224331bf7.png
 
 
 
 
■ 塩分過多を心配する必要はない?!
 
 
みそ汁は美味しいですが、塩分が多いという理由から塩分過多を心配される方が少なくありません。しかし、毎日1~2杯なら全く問題ないと言われています。
 
 
私のように大きなお椀で2~3杯飲むのは、さすがに飲み過ぎかもしれませんが、野菜をたっぷり入れてますので、これまで以上に効率よく野菜を食べられるようになりました。
 
 
おかげで体調はみそ汁を新たに飲み始めた今のほが全然いいです。高血圧などの生活習慣病を心配する声もありますが、野菜を多く取るために飲めば大丈夫です。
 
 
同じ塩分量を取るにしても味噌からの塩分は30%低く見積もっていいとのことなので、あまりにも塩っ辛いのは論外ですが、神経質になるほどではありません。
 
 
 
 
 
11120161115.png
 
 
 
■ みそ汁を飲めば美肌になれる?!
 
 
みそ汁を飲むことで、お肌の潤をキープするために必要なセラミドの合成に関わる酵素の発現を活発化する働きがあります。それだけ大豆には体に良い成分が含まれているんです。
 
 
また、「遊離リノール酸」はメラニンの合成を抑制する働きがあるため、シミやソバカスなどを予防することが出来ます。つまりみそ汁を飲むだけで美白効果が期待できるわけです。
 
 
 
 
 
11220161115.png
 
 
 
■ みそ汁の凄すぎるダイエット効果とは?!
 
 
味噌は発酵食品なので体にいいことは皆さんご存知だと思いますが、ダイエット効果も期待できるとは想いもしなかったのではないでしょうか?
 
 
しかし、みそ汁を飲むことで生きた酵素を効率よく摂取(具に野菜を沢山いれればさらにUP!)することができるので、ダイエット効果をより高めることができるんです。
 
 
みそ汁にはアミノ酸が豊富に含まれているますので、脂肪の燃焼を活発化し、余計な脂肪の蓄積を抑えてくれる凄い働きがあるので、体質的に太りにくくなります。
 
 
ダイエット効果を高めるみそ汁としてオススメしたいのが、タマネギとエノキなどのきのこ類を豊富にいれたみそ汁です。体にもいいのでこれからの季節にぴったりです。
 
 
何と言っても具がたっぷり入っているうえに、味に深みがあるのですぐに満腹感を感じることでしょう。このため無理して辛いだけの食事制限する必要もありません。
 
 
しっかり食べてもみそ汁だけでは太りませんので安心して食することができます。
 
 
 
 
 
11320161115.png
 
 
 
■ みそ汁にバストアップ効果がある?!
 
 
味噌に含まれるアグリコン型イソフラボンは、他の大豆製品に含まれるグリコシド型イソフラボンよりも吸収率が高いことから、バストアップに最適とされています。
 
 
みそ汁を飲むほうが食事のバランスがしっかり取れるうえに味噌の美容と健康効果が期待できるので、バストアップのサプリメントを飲むよりも断然いいです。
 
 
 
 
 
11420161115.png
 
 
 
■ まだあるの?他にもあるみそ汁の凄い効果!
 
 
みそ汁には酸化を抑える働きやがあるので、アンチエイジング効果も期待できます。
 
 
また、味噌には「イソフラボン」も豊富に含まれているので、血中コレステロール値を下げ、血液をサラサラにする効果がありますので、これだけでもかなり免疫力を高めてくれます。
 
 
しかし、それだけでなく、発酵食品であるため酵素を効率よく摂取できるので、腸の働きも自然と良くなり、さらに免疫力を高めてくれるので、より健康になれます。
 
 
免疫力を高めれば色々な病気を予防することもできます。特にこれからインフルエンザを警戒しなければなりません。是非この冬はみそ汁で乗り切りましょう!!
 
 
 

【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
【出典】 無駄なし!まかない道場さん
 
「大根味噌汁」正しい作り方
 

 
 
 カテゴリ
 タグ
None