286.png
 
 
 
 
 
■ 体を柔らかくするメリットとは!?
 
 
あなたは体をやわらかいですか?、それとも硬いですか?。
 
 
私は数年前まで前屈をやってもヒザくらいまでしか手が伸びないほど体が硬かったのですが、体のコリと痛みを改善するために体を柔らかくしたほうがいいと知人にススメられ、以来ほぼ毎日ストレッチを行ってます。
 
 
今では前屈で床に手がピッタリつきます。そのおかげで、まず肩や首がコルといったことが無くなりました。また、特別ハードな運動をしていなくても体重が増えることもなくなり、ダイエットする必要がほぼなくなりました。
 
 
体が柔らかくなると自然と血行やリンパの流れが良くなるので、必然的に基礎代謝と免疫力もあがるため、太りにくい体質に生まれ変わります。また、激しいスポーツを行っても以前ほど疲れなくなりましたし、怪我することもなくなりました。
 
 
個人的に体がやわかくなって一番うれしかったのは、周囲の人たちから「若返ったね」といわれたことです。ですので、体が柔らかくなるメリットは計り知れません。
 
 
ということで今回は体がやわらかくなるストレッチ法を紹介した美BEAUTEさの記事と誰でも開脚ができるようになるストレッチ法を解説した動画を合わせてご紹介させていただきます。最初は体が痛くなるだけかもしれませんが、慣れると痛みが楽しみに変わります。



 

 
 
身体が硬い人に!!継続すれば
身体が柔らかくなるストレッチ法

 
 
ダイエットのためにも身体は柔らかい方が良いといわれているのをご存知でしょうか?身体が硬くて悩んでいる人におすすめのストレッチ法をご紹介します。
 
 
 
285.png
 
 
 
(ライター:Saoさん)
 
 
 
 
 
ストレッチの前に知っておきたい、身体を柔らかくするためのポイントとは
 
 
硬い筋肉をいきなり伸ばしてしまうと、身体を痛めてしまうことがあるので、これからご紹介するポイントを必ず頭に入れてからストレッチを行うようにしてください。
 
 
【ストレッチの前に入浴】
 
(1)38度くらいのぬるま湯につかって血行を良くする
 
(2)身体が冷えないうちに硬い関節周りや筋肉のマッサージをしてほぐす
 
 
 
【ストレッチの時に重点的にほぐす箇所】
 
(1)骨盤:骨盤の歪みを矯正すれば背筋の筋肉もしなやかになり、お腹周りの脂肪を減らすことに効果的
 
(2)股関節:股関節の柔軟性が向上することで、脚の付け根のリンパの流れが良くなるので、足の冷え性やむくみなど、女性にとっての辛い悩みが解消される
 
(3)肩甲骨:肩甲骨の可動域を広げれば、背中の贅肉がスッキリすると同時に、首周りのリンパが改善されてフェイスラインがすっきりする
 
 
 
 
■ストレッチの前に知っておきたい、身体を柔らかくするためのポイントとは
 
336.png

 
 
 
【骨盤に良いストレッチ】
 
1.床に胡坐をかく
 
2.前に手を付いて、エビぞりになるように足を返す
 
3.そのままの体勢で30秒キープする
 
 
 
【股関節に良いストレッチ】
 
1.床に座り、胡坐をかくように足を股関節側に折り曲げ、足の裏を合わせる
 
2.合わせた足先を持ち、背筋を伸ばすようにし、体を前傾させる。 呼吸は止めずに、ゆっくりと息を吐き出しながらスローモーションで体を倒して。気持ちよいところで上体を倒していくのを止める
 
3.息を吸いながらゆっくりと上体を起こしていく。この動作を数回繰り返す。
 
 
 
【肩甲骨に良いストレッチ】
 
1.壁の横に立ち、壁に手を当てながら真上に伸ばす
 
2.伸びているなと感じるように角度を変えていく(0度~180度)
 
 
ストレッチは即効性はありませんが、続けることで身体が柔らかくなっていくのを実感できるはず。寒くなってくると身体は更に硬くなっていくこともあるので、今のうちに対策しておきましょう。
 
 
 
【出典】 美BEAUTE
 
【画像】 We Heart It
 
 
 

 
 
【参照動画】
 
「体が硬い人でも必ず開脚が出来るようになるストレッチ方法」
 

 
 
 カテゴリ
 タグ
None