158_2016030217372732a.png
 
 
 
 
 
■ ガンを予防するには!?
 
 
食の欧米化が進んだことによって、ついに日本人の2人に1人がガンになり、3人に1人がガンで亡くなっています。それくらいガンは我々日本人にとって身近な病気です。
 
 
ガンを含めた病気の約90%はストレスが原因とされています。ストレスを日常的に解消するためには、適度な運動、質の高い睡眠、バランスのとれた食事ですが、食事が意外に難しかったりします。
 
 
昔からある和食を中心に食していれば何の問題もありません。しかし、現実にはそうもいきませんよね。ですので、意識して抗酸化作用の高い食材を摂る必要があります。
 
 
ということで今回はガンを予防してくれる抗酸化作用の高い4つの食材について紹介しているWoorisさんの記事とガンを予防する動画を合わせてご紹介させていただきます。



 

 
 
知っておきたい
「ガンの発生を抑制してくれる」
身近な食品4つ

 
 
228_20160302174348ec8.png

 
 
 
 
世界的には和食が健康的な観点からブームとなっていますが、実は、日本は“大国”と言われています。
 
 
全国健康保険協会の調査によると、なんと日本人の2人に1人がガンになり、3人に1人がガンで亡くなるようです。
 
 
ガンの主な原因としては、喫煙や塩分の多い食事、野菜不足などがあげられています。
 
 
しかし、実は“ある食べ物”を積極的に摂ることで、ガンの発生を抑えられるというのです。これは是非知っておきたいですよね?
 
 
そこで今回は、『WooRis』の過去記事や海外の情報サイト『Health Mind Bodies』などの記事を参考に、“ガン予防にオススメな超身近な食べ物”4つをご紹介します。
 
 
 
 
■1:人参
 
 
465_2016062019050667c.png
 
 
 
 
もともと人参は、視力回復などに効果があると言われていました。しかしここ10年の研究によると、“前立腺ガンの予防”に効果があるということが分かってきたのです。
 
 
ネズミを使った実験の結果、ネズミに餌として多くの人参を与えると、前立腺ガンの肥大化を抑えることができたというのです。
 
 
人参には他にも多くの栄養も含まれていますので、ぜひ積極的に摂りたいところです。
 
 
 
 
 
■2:アボカド
 
 
2884016919.png
 
 
 
 
“世界一、栄養価の高い果実”と呼ばれているアボカド。
 
 
アボカドには多くの栄養素が豊富に含まれており、その中には“抗酸化作用がある栄養素”も含まれています。そしてこの栄養素が、ガン細胞が形成されるのを防いでくれるそうなんです。
 
 
さらに、アボカドには不飽和脂肪酸が多く含まれているので、血液中の中性脂肪やコレステロールの量をコントロールするのに役に立ちます。つまり、体重管理にも効果的に働いてくれるのです。
 
 
 
 
 
■3:トマト
 
 
2894016919.png
 
 
 
 
ご存知のように、トマトには豊富なリコピンが含まれています。さらに調理したトマトの方が、リコピンが増えるのですが、なんとそのリコピンにガン細胞を死滅させる働きがあるそうです。
 
 
主に、前立腺ガンの予防に効くと言われています。
 
 
 
 
 
■4:くるみ
 
 
2874016919.png
 
 
 
 
女性に特にお勧めしたいのが、くるみです。
 
 
コレステロールの量のコントロールや、心臓病のリスクを下げるなど、生活習慣病予防に効果的とされている“オメガ3”という脂肪酸が多く含まれているており、これがなんと、乳ガン予防や、前立腺ガンの予防に役立つというのです。
 
 
ちょっとしたおやつや、朝食としても手軽に摂れるのではないでしょうか。
 
 
 
以上、“ガン予防にオススメな超身近な食べ物”をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか? これらの食べ物は、普段から身近にあり、簡単に摂ることができますよね。
 
 
美味しい上に、こんな効能があるというのですから食べない手はないですよね。今晩のおかずにさっそくどうぞ。
 
 
(ライター:吉田和充さん)
 
 
 
【出典】 Wooris
 
【画像】 We Heart It
 
 
 

 
 
 
【出典】
 
「がんが消滅する食品 ウィリアム・リー」
 

 
 
 
 カテゴリ
 タグ
None