599_20160710162515780.png
 
 
 
 
■ 凄すぎるキッスの効果とは!
 
 
美容と健康法は沢山あります。毎年のように色々な方法が世に登場しては消えていっていますが、絶対に消えないものもいくつかありますが、その代表が「キス」です。
 
 
「えっ!?キッスは健康法じゃないでしょ」と思われるかもしれませんが、キッスによって女性の場合、エストロゲンをはじめとしたホルモンお分泌が活発化します。
 
 
エストロゲンはごく少量しか分泌されません。しかも有限なので自ら分泌量を増やそうと思っても簡単には増やせませんので、いかにキスの効果が凄いか伺いしれます。
 
 
 
105550161016.png
 
 
 
またストレスや不安を抑える役割もあるので、寿命が伸びるのも十分うなずけます。ですので、心と体の美容と健康にキッスは欠かせないものになりそうですね。
 
 
今回はanan NEWSのキッスに関する記事とキッスに関する幅広い情報を公開している動画を合わせてご紹介させていただきます。





 
 
キスで寿命が延びる!?
今日からはじめる「キス健康法」

 
 
421.png
 
 
 
 
「あなたがキスしたのは、私の唇じゃなく、私のこころ」というのは、米女優ジュディ・ガーランドの名言。好きな人とのキスは、心まで満たしてくれる愛情表現のひとつです。
 
 
恋人同士、夫婦でのキスはお互いの好意を確かめ合うものだけど、同時に、キスをするだけで美容や健康への効果もある!?
 
 
たとえば、キスをすることで女性ホルモンの一つ「エストロゲン」の分泌が増えるのだとか。女性らしさをつくるホルモンで、バストアップや美肌も期待できちゃいそう。
 
 
恋をするときれいになる、というのは、キスによるホルモン分泌の影響かもしれませんね。
 
 
 
 
104550161016.png
 
 
 
キッスは全身運動だった!?
 
 
さらには、ふたりでキスをするだけで全身運動にも。口を動かしているだけのように見えて、実は全身が反応しているんですね。
 
 
1分間キスは、約26キロカロリーも消費するといわれています。ゆっくり10分間歩いたのと同じカロリー消費量だから、長いキスでダイエットになるかも!?
 
 
ほかにも、キスをすることで、ストレス解消や不安軽減の効果があるとされています。唇には神経細胞がたくさんあり、刺激を受けることで脳内ホルモンに影響するようです。
 
 
ストレス時に発生するホルモン「コルチゾール」が抑制されることで、リラックス効果も。
 
 
ドイツの研究によると、毎朝キスをする男性は、しない男性に比べて平均して5年も長生きしているという統計データもあるそうです。
 
 
彼氏へのキスがしたいけど、自分からはちょっと……と思う人は、もったいない! 彼のためにもたくさんキスをして、楽しく健康美を目指しましょう!
 
 
(by anan NEWS)
 
 
 
【出典】 anan NEWS 
 
【画像】 We Heart It
 

 
 
【出典】newshift shiftさんのチャンネル
 
「キスをすればするほど健康に!?
キスの不思議なチカラ」

 

 
 
 カテゴリ
 タグ
None