203_20160209214335322.png
 
 
 
 
 
頭痛の辛い痛みはハーブが効く!
 
 
ストレスによって引き起こされる頭痛に苦しめられている方が増えています。そういう私も3年ほど前にかなり長期間に渡って「片頭痛」に悩まされていました。
 
 
突然神経にさわる痛みに襲われるのですが、大抵市販の頭痛薬を飲めば痛みそのものはすぐに治まっていたので、そのまま薬を服用し続けました。
 
 
しかし、市販の薬はもともと長期間飲み続けるタイプのものではありません。しかも、頭痛に効く市販薬は大抵痛みの元となるプロスタグランジンの生成を抑えることによって痛みそのものを鎮めていきます。
 
 
長期間にわたって服用し続けると、このプロスタグランジンの生成が抑えられることによって、胃の粘液の分泌も減少することから胃の粘膜が刺激を受け、痛みやムカつきといった症状が引き起こされてしまうのです。
 
 
気がつけば胃痛と頭痛のダブルパンチです。幸い薬を控えるようになったら両方の症状が解消されましたが、1週間経過しても症状が改善されない場合はすみやかに病院を受診しましょう。
 
 
できればもっと体にやさしい健康効果を高めてもらいたいものです。
 
 
ということで今回は頭痛の症状にあわせて行なうハーブによる治療と頭痛に効くエクセサイズを実演している動画を合わせてご紹介させていただきます。



 

 
 
鎮痛剤は飲みたくない。でも痛みをなんとかしたい人の為の頭痛に効く10のハーブ
 
 
202_20160209214332ede.png
 
 
軽い頭痛なら放っておけば治るが、少し触れただけでも痛い偏頭痛で、吐き気をもよおしたり、頭が割れるような痛みを感じたり、光や音に敏感になったりと苦しい思いをした人はいるだろう。
 
 
この様な頭痛のすべての原因はまだ解明されていないが、だいたいその根本にあるのは、ストレスや疲労や食事や日常生活が影響している可能性がある。
 
 
頭痛や偏頭痛には特定の医療的治療というものがなく、たいていの場合は痛みに耐えたり、痛みを止めたり、和らげたり、予防する薬でやり過ごすことになるだろう。
 
 
しかし、薬に頼らなくても、自然的な方法で痛みを和らげることもできるのだ。これから紹介するハーブには、一般的な頭痛や偏頭痛を和らげてくれる作用がある。
 
 
 
 
 
1.ペパーミント
 
 
ペパーミントには鎮静効果があり、精神的な緊張を和らげ、イライラをしずめ、心身をリラックスさせてくれる。また腹痛や頭痛の緩和にも効果的である。
 
 
ハーブティーとして飲む代わりに、このエッセンシャルオイルをココナッツオイルなどのキャリアオイルで希釈して直接肌につけてもいい。数滴をキャリアオイルに混ぜ、額や髪の生え際などにつけると、頭痛が緩和される。
 
 
 
 
2.バレリアン
 
 
睡眠補助によく使われ、鎮静効果とリラックス効果があるハーブ。偏頭痛を緩和する具体的な作用については不明な点もあるが、中枢神経への鎮静作用が偏頭痛のつらい症状を軽減するのに役立つのだろう。
 
 
 
 
3.ラベンダー
 
 
ラベンダーには鎮静作用があり、心身のリラックスを助けてくれる。昔からラベンダーオイルは、自然療法の頭痛解消薬として人気がある。
 
 
乾燥させた花とつぼみを小さな袋に入れて、額にあてる。他には、ラベンダーオイルをお風呂に入れて入浴すると、頭痛を和らげる作用がある。
 
 
また、2から3カップの水を沸騰させオイルを2から4滴たらし、芳香浴として匂いを嗅ぐのもいいし、ペパーミントオイルと同じように希釈して額などに直接つけてもいい。
 
 
 
 
4.コリアンダーシード
 
 
コリアンダーにも鎮静作用があり、偏頭痛などの症状緩和にも効果があるといわれ、古代から偏頭痛や頭痛の治療法に用いられていた。一般的な使用法は吸入法で、コリアンダーシードの破片小さじ一杯を2カップのお湯に入れて、その湯気を吸いこむ。
 
 
吸入後は10分ほど浸し、こした後に加糖すればハーブティーとしても飲める。
 
 
 
 
5.フィーバーフュー(夏白菊)
 
 
フィーバーヒューは興味深いハーブで、偏頭痛の予防や症状の軽減作用がある。これは葉に含まれるパルテノライドと呼ばれる成分が、セロトニンというホルモンの分泌を抑え、脳の血管収縮を抑制するためだそうだ。
 
 
特に偏頭痛に良く効くので、慢性偏頭痛持ちの人は、毎日乾燥した葉のカプセル(フィーバーヒューは苦いのでサプリなどがお勧め)を摂取すると偏頭痛の発生率が減るそうだ。
 
 
 
 
6.セージ
 
 
セージは強い抗菌・抗ウイルス作用を持ったハーブ。ドカ食いや動物性脂肪を多く摂取した後の偏頭痛ならセージにお任せを。
 
 
また、ほてりなどのホルモンバランスの乱れによる頭痛にも効果的。多くの人が頭痛を和らげるためセージをおでこにあて、効果があると言われている。
 
 
 
 
7.リコリス
 
 
リコリスには副腎皮質を刺激して強壮にする作用があり、ストレスにうまく対処するためのホルモンの生成を助けてくれるため、副腎不全から起こる頭痛に効く。副腎が弱ると、鬱や身体の活力低下を招く恐れがあるそうだ。
 
 
しかし、これらの症状を的確に知ることは難しく、リコリスの匂いが好きな人なら効果的なハーブになり得る可能性もある。ただしリコリスはすべての頭痛に効果があるわけではなく、人によっては悪化する場合もあるので、ご注意を。
 
 
 
 
8.クマツヅラ
 
 
クマツヅラは可愛らしい紫の花で、月経前症候群(PMS)による頭痛や緊張、不安からくる頭痛に効くと言われている。ほんの少しの新鮮な絞り汁で効果は得られたり、ハーブティーとしても服用できる。
 
 
月経周期に関わる偏頭痛の他、黄疸、胆石、喘息、不眠症、月経前の不安、陣痛の促進、母乳の出を良くする作用があるという。
 
 
 
 
9.タツナミソウ
 
 
極度の緊張からくる頭痛にはタツナミソウが効く。緊張から歯ぎしりしたり、あごの痛みを伴ったり、こぶしを強く握り締め続けるような痛みからくる頭痛である。
 
 
鎮静効果やリラックス効果が不安を取り除き、そこからくる頭痛も和らげる可能性があるという仕組みだ。
 
 
 
 
末端冷え性の改善方法
 
 
ショウガの根は大昔からいろんな薬として使われてきた。
 
 
特に、ウイルスや鼻炎や風邪からくる頭痛には効くとされている。ショウガは炎症や頭痛に伴う痛みを和らげてくる作用が強い。
 
 
新鮮なショウガならすりおろしたり、つぶした状態で熱湯に入れ、ハーブティーとして飲んでもいいし、つぶしたショウガを水にいれて香りを吸い込むだけでも効果はある。どちらの方法も激しい頭の痛みを和らげてくれる。
 
 
 
 
【出典】 カラパイア
 
【原文】 healthypanda
 
【画像】 We Heart It
 
 
 

 
 
 
【出典】アップズ美容整体院
 
「自宅で簡単に出来るこめかみに出る偏頭痛の解消法」
 

 
 
 
 カテゴリ
 タグ
None