132420180205ht.png
 
 
 
 
■ インフルエンザの流行真っ只中!
 
 
今の時期が最もインフルエンザが流行し、3月前半まで続くわけですが、インフルエンザやノロウイルスなどの感染症は家族から感染するケースが非常に多いので要注意です。
 
 
といいますのも、ほんの数時間前まで会っていた人がインフルエンザに感染していたなんてこが良くあるからです。インフルエンザで問題となるのは突然症状が現れることです。
 
 
インフルエンザは潜伏期間も感染力があるので、インフルエンザを発症させないためにも正しい知識がどうしても必要です。ということで今回はインフルエンザの基礎知識と対処法についてまとめました。
 
 
 
 
 
■インフルエンザの基礎知識
 
 
 
151420180205ht.png
 
 
『 インフルエンザウィルスの潜伏期間は? 』
 
 
インフルエンザの潜伏期間は、一般的に1日~2日程度(長くても3日以内)
 
 
 
 
145420180205ht.png
 
 
 
『 インフルエンザに感染する原因とは? 』
 
 
インフルエンザは飛沫感染が圧倒的に多いので、ご家族から感染するケースが非常に多いです。くしゃみや咳に含まれるウイルスがそのまま空気中をさまよっているうちに人の呼吸器に吸い込まれていきます。
 
 
 
 
157420180205ht.png
 
 
 
『 インフルエンザウイルスの種類と違いについて 』
 
 
インフルエンザはA型、B型、C型に分かれており、中でもA型は感染力がダントツで大きく、また、その症状が重篤になる傾向が強いので、最悪の場合は死に至る危険性があります。
 
 
B型は、A型よりも症状が比較的軽い上に、限られた地域で流行する傾向が非常に強いです。そして、最後にC型の症状についてですが、C型は3つの中で一番症状が軽いとされています。実際にC型の症状としてもっとも多いのが鼻風邪などの比較的軽い症状です。



 
 
■ インフルエンザの予防!
 
 
153420180205ht.png
 
 
1.手洗いうがい
 
接触後に気づいた時点で手洗いとうがいを行って下さい。手洗いは接触による感染を、うがいはのどの乾燥を防ぎます。
 
 
 
 
148420180205ht.png
 
 
 
2.換気をする
 
部屋の中にウイルスが浮遊している可能性は十分あります。とくに狭い部屋はウイルスが長い間浮遊するケースも少なくないので注意して下さい。
 
 
 
 
152420180205ht.png
 
 
 
3.加湿する
 
インフルエンザウイルスは低温、低湿を好むので、部屋の中が乾燥していると長時間にわたってウイルスが空気中を浮遊するので加湿器などで適切な湿度を保ちましょう。
 
 
 
 
146420180205ht.png
 
 
 
4.部屋を暖める
 
インフルエンザのウイルスは低温低湿状態(温度15~18°C以下、湿度4%rh以下)を好むので、活動が活発になるので、室内の温度を20度前後で維持してください。
 
 
 
 
9240180108ht_20180207225040cb0.png
 
 
 
5.水分を取る
 
鼻からノドまでの粘膜に生えている「線毛」の活動能力を高めることでウイルスの侵入を防ぐことができます。
 
しかし、水分不足になると粘液の粘り気が増すことによって線毛の動きが悪くなってしまいます。そうすると粘膜細胞にウイルスが侵入しやすくなってしまいます。
 
そうならないためにもしっかり水分補給をおこなってください。
 
 
 
 
156420180205ht.png
 
 
 
6.栄養をとる
 
体力をつけ、抵抗力を高めることによってウイルスの感染を防ぐことができるので、しっかり食事を摂るように心がけて下さい。
 
ウイルスと闘うのは抗体だけではなく、「抗菌蛋白質」も重要です。また抗菌蛋白質には複数の種類がありますが、そのうちの一つにビタミンDが大きく関係しています。
 
このためビタミンDをしっかり摂ることによって、インフルエンザの予防につながります。ビタミンDは魚類に多く含まれています。
 
 
 
 
155420180205ht.png
 
 
 
7.睡眠をきちんと取る
 
寝ることで身体を修復し、体力を回復させのでインフルエンザなどの感染症に対抗するためにも大切です。12時前には就寝し、しっかり睡眠をとってください。
 
 
 
 
 
154420180205ht.png
 
 
 
■ 部屋に置くだけでウイルスを除去する優れもの!
 
 
大幸薬品の「クレベリン」をご存知ですか?。クレベリンは置くだけで室内のウイルスを除去します。またそれ以外にも消臭・カビ・除菌・花粉などにも効果があるようです。
 
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
【動画】 精神科医・樺沢紫苑の樺チャンネル
 
「風邪を引いても風邪薬を飲むな!」
 

 
 
 カテゴリ
 タグ
None