22920171026ht.png
 
 
 
 
■ ビールにはすごい効果が沢山あった!?
 
 
早いもので1月も終わりです。しかし、冬の厳しい寒さはまだまだ続きます。寒いとどうしても免疫力が低下しますので、風邪やインフルエンザ引き起こしてしまわないためにも、免疫力を高めたいところなんですが、急に何かを始めようとしても習慣化するのが難しいですよね。
 
 
続かなければ何をやっても意味がありません。そこでオススメしたいのが、「ビール」です。とにかくビールには美容と健康効果に優れた成分が豊富に含まれているので、是非ビールを適量飲んで風邪やインフルエンザのウイルスに負けない体を作りましょう。
 
 
 
120401801013ht_20180128025410dfc.png

 
 
『 老化や認知症の予防にも!? 』
 
 
意外に思われるかもしれませんが、ビールには脳の働きを良くする成分が含まれているので、アルツハイマーなどの認知症の予防にも効果があります。また、美肌など美容に関しても下手をすると赤ワイン以上に優れた効果が期待できます。
 
 
それくらいビールには優れた栄養素が含まれているんです。赤ワインのポリフェノールには及ばないかもしれませんが、ビールには美容と健康に良い効果をもたらす成分が豊富に含まれているので、これからもビールを中心に飲み続けたいと思います。





 
老化防止や美容にも
「とりあえずビール!」
の知られざる健康効果

 
 
728_201607301055278e4.png
 
 
 
今年もあっという間に梅雨が去り、ビールが美味しい季節がやってきました。(一年中美味しいですが...)。飲み会の席では、「とりあえずビール!」という人も多いのではないでしょうか。その一方でビールの飲みすぎは肥満や生活習慣病の原因になるので控えたいという人もいるでしょう。
 
 
なんとなく“健康に悪い”というイメージが依然としてビールにつきまとっていますが、現実は逆です。実は上手に飲めば健康に良いということをご存知ですか?
 
 
そこで今回は、小石川東京病院院長・大川章裕さんの著書『「病気知らず」の体をつくる ビール健康法』を参考に、特に女性に嬉しい知られざる“ビールの健康効果”について解説させていただきます。
 
 
 
 
 
4554201610129.png
 
 
 
■ 効能1:ビールにも実はある抗酸化作用
 
 
野菜や果物以外で“抗酸化作用”のある飲食物というと、ワインを思い浮かべる方が多いと思います。
 
 
しかし最近、赤ワインに匹敵する抗酸化作用がビールにもあることが分かってきたそうです! それが、ビールの苦味成分の正体“ホップ”に含まれる“イソフムロン”という物質なのです。
 
 
<このイソフムロンのほかにも、ホップには「キサントフモール」というポリフェノールが含まれており、この成分にも抗酸化作用や抗がん作用、骨分解抑制作用などがあることも多くの研究で確認されています。>
 
 
 
 
23220171026ht.png

 
 
『 イソフムロンの凄すぎる効能! 』
 
 
イソフムロンの健康に関する効能についてですが、まず血行が良くなるので、筋肉量が増えることから、代謝がアップします。また、同時に免疫機能が強化され、ホルモンバランスが自然と整います。これにより自律神経失調症や更年期障害の症状を抑える作用があります。
 
 
また、認知機能や記憶力を向上させる効果が期待できるので、認知症の予防にも効果が期待されています。そして、冷え性や肩こり、肌荒れの改善などにも効果的です。苦味の成分“ホップ”には、健康につながるたくさんの成分が入っているのですね!
 
 
 
 
 
4564201610129.png
 
 
 
■ 効能2:ビールの意外な美容効果とは
 
 
また、適量であればビールを飲むことで、“女性特有の悩みや美容”にも効果があるといいます。どのような効果なのでしょうか?
 
 
女性ホルモンと似た働きをする「エストロゲン」という物資が含まれているため、年齢とともに減少していく女性ホルモンをホップの「エストロゲン」で補うことができます。
 
 
 
 
23120171026ht.png
 
 
 
『 ビールがホルモンバランスを整える? 』
 
 
フェストロゲンは、リラックス効果が高いので、不眠、不安、ストレス、頭痛、腹痛、めまいといった症状を抑える働きに優れています。女性ホルモンは加齢が進むにつれて生成する働きが低下します。
 
 
女性ホルモンが減ると、髪や肌のツヤがなくなってきたり、骨がもろくなったり、精神的にアップダウンが激しくなるといったことが言われていますが、ビールを飲むことで補うことができるのなら嬉しいですね。
 
 
 
 
 
4574201610129.png
 
 
 
■ オススメのビールは
 
 
では、健康によいということを考えてビールを選ぶとしたらどのようなビールを選べばいいのでしょうか? 
 
 
苦み成分のホップに抗酸化作用や女性ホルモンと似た作用のある物質が含まれていることを考えると、ホップが多くて苦いビールがよいといえそうです!
 
 
大川さんのオススメは“IPA”と呼ばれるビールだそうです。IPAは通常のビールよりも麦芽を多くしてアルコール度数を高め、腐敗を防ぐためにホップを大量に加えて造られたビールです。
 
 
 
 
4584201610129.png
 
 
 
■ さいごに...
 
 
だからこそ、苦味が多く抗酸化作用があるのですね。今回は、特に女性に嬉しい知られざる“ビールの健康効果”についてお届けしましたが、いかがでしたか?
 
 
一見マイナスイメージのあるビールですが、実は健康や美容にも効果があるんですね。飲みすぎないように注意しながら、これからの宴会シーズン「とりあえずビール!」で始めてみてはどうでしょうか。
 
 
 
 
【画像】 We Heart It
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
【動画】 スタジオ・オズさん



「ガンを防ぐ8箇条 6.レモン、はちみつ、ビール酵母を摂る」
 
 
 
 
 カテゴリ
 タグ
None