909.png
 
 
 
 
 
なぜ冬場に頭痛が起こりやすいのか!?
 
 
今回のテーマは「頭痛」についてです。頭痛に苦しむ人たちが年々増えています。決定打となる原因は解明されていませんが、ストレスが占める割合は決して小さくありません。
 
 
コンプライアンスが厳格化されたことによって、一人あたりの従業員の方の負担はより大きなものとなり、目には見えないプレッシャーに苦しめられる格好となっています。
 
 
ここで問題となるのが、ある日突然頭痛を引き起こしてしまった場合の従業員個人の対応です。悲しいことに頭痛を病気とみなしていない方が非常に多いんです。
 
 
このため医療機関を受診することなく放置してしまうケースが非常に多いです。そのまま放置するとより深刻な病気になる可能性があるので放置せずに病院を受診してください。
 
 
また、冬場は室内と室外の温度差が激しいため、血管が収縮する働きに大きく影響するため頭痛が引き起こされやすいとされていますので十分注意が必要です。
 
 
今回は、Wooriseさんの人気ライターさんによる「頭痛」に関する記事とイケメン整体師さんによる片頭痛を治すマッサージについて解説している動画をご紹介させてください。
 



 

 
 
頭痛くなってからじゃ…遅い!健康な今知るべき「頭痛を引き起こすNG生活習慣」
 
 
頭痛、本当につらいですよね。頭が痛いと何をするにもやる気が起きませんし、集中力も長続きしません。
 
 
一刻も早く治ってくれと願うばかりですが、実は幾つかの何気ない習慣でも頭痛は悪化してしまうとご存じでしたか?
 
 
そこで今回は、全国健康保険協会の情報を参考に、“頭痛3兄弟”と呼ばれる「片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛」を招いてしまうNG習慣をまとめました。
 
 
 
 
 
1:片頭痛を悪化させてしまう生活習慣は“ストレスや刺激、睡眠の乱れ”
 
 
最初に取り上げる頭痛は、片頭痛です。“片側”という言葉があるように、頭の片側、あるいは両側が脈を打つようにズキンズキンと痛む頭痛を言います。片頭痛を招くNG習慣は
 
 
(1)寝不足あるいは寝過ぎ
 
(2)疲労
 
(3)過度の緊張や緊張からの解放
 
(4)強い光やにおい、人込みなどの刺激
 
だと言われています。
 
 
詳しいメカニズムは分かっていないそうですが、過度なストレスを避け、睡眠パターンを規則正しく守りながら、片頭痛を予防したいですね。
 
 
 
 
2:緊張型頭痛を悪化させてしまう原因は“肩と首の筋肉のこり”
 
 
次は緊張型頭痛です。肩から首の筋肉が緊張して起きる頭痛で、頭がギューッと締め付けられるような痛みが特徴。主な引き金は、
 
 
(1)運動不足
 
(2)同じ姿勢の維持
 
(3)冷え
 
(4)硬くて高い枕
 
などが挙げられます。
 
 
とにかく肩と首の筋肉が硬直して血流が悪くなるような習慣は避けて、ストレッチを心掛け、温かいお湯につかって筋肉の緊張をほぐしてあげたいですね。
 
 
 
 
3:群発頭痛を悪化させる原因は“生活の乱れ”
 
 
最後は群発頭痛です。女性は少ないといいますが、目の奥がえぐられるように痛む、鋭く痛む場合は群発頭痛が考えられます。主な引き金として、
 
 
(1)アルコールの飲み過ぎ
 
(2)生活の乱れ
 
(3)睡眠の乱れ
 
(4)気圧の変化
 
 
などが挙げられます。
 
 
天候などによる気圧の変化はどうしても避けられないにしても、睡眠や生活の乱れ、アルコールの飲み過ぎに関しては自分で注意すれば予防が可能なはず。症状のある人は注意したいですね。
 
 
以上、“頭痛3兄弟”と呼ばれる片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛の引き金となるNG習慣をまとめましたが、いかがでしたか?
 
 
頭痛に悩まされている人は、まずは自分の頭痛の種類を見極め、その頭痛を引き起こしかねないNG習慣をやっていないかチェックしてみてくださいね。
 
 
 
【出典】 Wooris 
 
【画像】 We Heart It
 
 
 

 
 
 
【出典】アップズ整体院
 
 「自宅で簡単に出来る
  こめかみに出る偏頭痛の解消法」
 

 

 タグ
None