871.png
 
 
 
 
 
こんなときは要注意!
 
 
忘年会シーズンも無事終えようとしています。仕事の関係で忘年会をはしごされた方も多いのではないでしょうか?。盛り上がるのは大いに結構ですが確実に肝臓は弱ってます。
 
 
肝臓は沈黙の臓器といわれるほど初期の段階では症状が出にくいです。このため内臓脂肪が蓄積し、気がつけば「脂肪肝」になるまで肝臓の状態を悪化させてしまいます。
 
 
最近寝ても疲れが取れなかったり、階段の登り降りなどちょっとしたことで疲れてしまったりした場合、「脂肪肝」を疑ってみたほうがいいかもしれません。
 
 
脂肪肝ともなれば飲酒はもちろんのこと食事全般を見直す必要があります。
 



 
肝脂肪とは!?
 
 
脂肪肝は肝臓に中性脂肪が蓄積された状態です。中性脂肪が肝細胞の30%以上も蓄積されてしまうと脂肪肝と診断されます。
 
 
脂肪肝は「メタボリックシンドローム」の代表的な病気です。上述したとおり症状が症状が出にくいため、そのまま放置してしまうケースが少なくなりません。
 
 
もしそのまま放置してしまうとと動脈硬化や肝炎、肝硬変、糖尿病といった様々な生活習慣病を発症させてしまうリスクがある日を境に一気に高まります。
 
 
 
 
 
こうなったら手遅れです!
 
 
肝臓は、様々な栄養素を貯蔵したり、また有害物質の解毒など栄養管理を行い、全身に酸素や栄養素が豊富な血液を送り出す非常に重要な働き行っています。
 
 
このため肝臓機能の働きが著しく悪化してしまうと次第に血液がドロドロの状態になってしまい、体全体に栄養素が行き届かなくなってしまうので、栄養状態が悪化します。
 
 
体全体の栄養状態が悪化すると体は疲れやすくなり、また、しっかり休息を取っても疲れが取れにくくなります。そして、人によっては肌荒れがひどくなります。
 
 
私は以前口の周りがただれて肌がボロボロにむけてしまいましたが、皮膚科を受診するも、脂肪肝を疑われることもなかったため、治療が非常に遠回りしました。
 
 
脂肪肝ともなれえば肝臓の全ての機能が悪化するわけですから、血中の栄養状態も悪化している可能性があります。
 
 
 
 
 
肝脂肪を改善するには!?
 
 
暴飲暴食は最も肝臓の働きを悪化させる元凶です。これが長期間にわたって続くと肝臓に内臓脂肪が蓄積され、ある日を境に肝臓が突然悲鳴をあげることになります。
 
 
そうならないためにも不要なエネルギーを過剰に摂取する姿勢そのものを見直さなければなりません。かといって食べなさすぎるとさらに脂肪肝の症状が悪化します。
 
 
なぜなら体内に食事による栄養素が入ってこなくなると体は緊急事態が起こっていると認識し、少ない食事から大量のエネルギーを吸収して脂肪として蓄積してしまいます。
 
 
痛みなどの自覚症状を伴わない脂肪肝は、気付いたころには大きな病を引き起こしているかもしれない非常に恐ろしい病気であることを認識してください。
 
 
肝脂肪は中々異変に気づくことが出来ないわけですが、少しでも疑わしい点が見られた場合はすみやかに専門の医療機関を受診しましょう。
 
 
 
【出典】吉田たかよし先生
 
「脂肪肝」
 

 
 
 
 タグ
None