841.png
 
 
 
 
 
健康寿命を伸ばす必要性とは?
 
 
今回のテーマは「健康寿命を下げるNG習慣」についてです。最近盛んに「健康寿命」についてテレビや雑誌などで報じられていますよね。
 
 
高齢化社会が依然として急速に進む中で「健康寿命」をいかに伸ばすかが各個人が人生を生きていく上で非常に大切なテーマとなっています。
 
 
日本は世界一の長寿国とされていますが、その内訳を見てみると大抵の方は死亡する10年前くらいに大病し、余生はその治療に追われるような形で死を迎えます。
 
 
この10年間にかかる治療費は個人にとって大変な負担になりますが、国全体でみた場合はさらに深刻でして、「医療費の問題」として重くのしかかります。
 
 
ですので、いかに健康寿命を伸ばして、余生を楽しくいきいきと過ごすかが個人だけでなく、国にとっても大切なことなんですね
 
 
今回は健康寿命を伸ばすためにやってはいけないNG習慣について解説したWoorisさんの記事とあわせて健康寿命をテーマとした動画をご紹介させていただきます。
 



 

 
 
飲酒・喫煙だけじゃない!あなたの健康寿命をグーンと下げてしまうNG習慣5つ
 
 
健康は幸福感に大きな影響を与えると分かっています。その健康状態を何歳まで維持できるかという“健康寿命”について、近年は盛んに騒がれていますよね。
 
 
しかし、どういった習慣によってこの健康寿命は短くなってしまうのでしょうか?
 
 
そこで今回は厚生労働省の『厚生労働白書』を参考に、健康寿命を縮めてしまうNG習慣を5つまとめたいと思います。
 
 
 
 
1:栄養バランスが悪く、食生活が乱れている
 
 
栄養のバランスを意識した食事を規則正しく3食、口にしていますか?
 
 
偏った栄養バランスはさまざまな病気の原因になりますし、肥満を招く要因にもなります。
 
 
肥満はがんのリスクを高め、生活習慣病を引き起こし、循環器系の病気による死亡リスクを高めます。
 
 
食生活に乱れがある場合は、厚生労働省と農林水産省が共同で作成した『食事バランスガイド』などを参考に、正しい食生活と栄養摂取を心掛けてみてください。
 
 
 
 
2:身体活動や運動が不足している
 
 
丈夫な体を維持できていると、高齢になるほど幸福感が増すと分かっています。
 
 
運動不足は心臓や血管などの循環器の病気で死亡するリスクを高めてしまうと分かっていますし、運動不足で肥満になれば各種のがんリスクも増加……。
 
 
運動不足の自覚がある人は、1日10分でいいので家事などを通じて今よりも体を動かす習慣を身に付けられるといいですね。
 
 
 
 
3:睡眠や休養が不足している
 
 
快適な睡眠は疲労感を回復し、情緒を安定させ、判断力をアップさせると分かっています。
 
 
逆に睡眠不足は満腹感をコントロールするホルモンの分泌を狂わせ、肥満体型の原因になったりしますし、うつ病の引き金になったりも……。
 
 
睡眠環境の改善とともに、そもそも睡眠時間が確保できているのか、生活サイクルや残業などの就労パターンを見直したいですね。
 
 
 
 
4:過度の飲酒や喫煙の習慣がある
 
 
喫煙をする女性は男性ほど多くなく、また全年代にわたって喫煙者が減ってきていると各種の調査で分かっていますが、一方で飲酒をする女性は、男性ほど多くないものの緩やかに増えてきているとか。
 
 
お酒は飲み過ぎると、口腔がんなどのリスクを高めると分かっています。
 
 
喫煙習慣のある人は一刻も早く中止して、飲酒に関しては女性の場合、1日缶ビール350ml、あるいはワインをグラス1杯を目安に、それ以下に抑えられるようにしたいですね。
 
 
 
 
5:虫歯と歯周病を予防していない
 
 
歯や口の健康状態は、幸福感を左右する大きな要素だと分かっています。日本人が歯を失う大きな要因は虫歯と歯周病です。
 
 
『WooRis』の過去記事「歯科医が警告!歯を失うリスクを高める“歯間汚れ”の危険性」などにもあるように、虫歯はもちろん歯周病予防は、歯間を掃除するフロスや歯間ブラシの使用が必要不可欠になってきます。
 
 
フロスや歯間ブラシの使用率は日本では極めて低いそうなので、慣れないかもしれませんが、今日から歯磨きの際には使い始めたいですね。
 
 
 
以上、健康寿命を大幅に下げてしまうNG習慣を5つまとめましたが、いかがでしたか? ぜひとも参考にしてみてくださいね。
 
 
 
(ライター 坂本正敬)
 
 
 
【出典】 Wooris 
 
【画像】 We Heart It
 
 
 

 
 
【出典】ChGrandStrategy
 
「健康寿命の底上げを目指す
 ~超高齢社会に向けて~」
 
 
 
 
 
 カテゴリ
 タグ
None