43_20160904165732009.png
 
 
 
 
 
■ メンタルを強くすると本番に弱くなる?!
 
 
悲しいことに我々日本人は何かにつけ欧米の人や文化と比較したがります。
 
 
そして、世界的な成功を納めていない分野に関しては、「日本人のメンタルが弱いからと」自虐的に批判します。しかし、本当にそうでしょうか?。
 
 
日本でも世界をまたにかけて活躍するスポーツ選手やアーティスト、実業家は沢山います。
 
 
彼、彼女らは常に人生の中でここぞという場面で力を発揮しています。
 
 
彼・彼女らは「普通の人よりもメンタルが強い」というよりも「普通の人よりも本番に強い」といった方が正しいのかもしれません。
 
 
この二つは同じように見えて全く異なります。あまりにもストイックに自分に厳しくしてしまうと本番を迎える前にプレッシャーに押しつぶされてしまいます。
 
 
 
 
 
■ 本番に強くなるには!?
 
 
こうしたプレッシャーは自分自身を追い込めば追い込むほど大きくなってしまいます。つまりメンタルを強くしようとすればするほどプレッシャーが大きくなるので、メンタルを強くしようとすること自体メンタルを弱くしてしまうことになるんです。
 
 
そうなってしまえば当然本番で最高の力を発揮することはできません。ではどうすれば良いのか?。一番簡単なのは、本番に強い人の習慣や考え方を真似することです。真似した相手以上になるのは時間がかかりますが、確実に本番に強くなります。
 
 
今回はそうした本番で最高のパフォーマンスを発揮するための方法についてまとめさせていただきました。
 



 
808_20160904165732cfd.png
 
 
 
 
■ 常に新しいことにチャレンジする!
 
 
本番で最高のパフォーマンスを発揮するうえで大切なのが常に新しいことにチャレンジすることです。これはメンタル強化に直結します。新しい習慣や考え方を学ぶ上で絶対的に必要になります。 
 
 
そうしないと自分の居心地のいい場所にいつまでも居続けようとするので、自分の殻を打ち破ることができません。つまりいつまでも前に進めなくなります。
 
 
新しいことを始めると何かと緊張する場面に多く遭遇します。そのとき緊張しすぎたら良い結果は残せませんので、考え方を変える必要があります。
 
 
まず緊張した場合は「緊張している」ではなく、「緊張感を高めている」と考えましょう。そして、「本番でもっと緊張感を高める」と考えます。
 
 
このとき大切なのは完璧主義にならないことです。そうすると周囲からのプレッシャーも小さくなります。むしろ「周囲のプレッシャーがあってよかった」と考えましょう。
 
 
 
 
 
■ 適度な緊張感を楽しめるようにする!?
 
 
緊張感を高めることで同時に集中力を高めることができます。集中力を高めることで無我夢中となり、体の力が抜けて本番で力を発揮できます。
 
 
しかし、多くの人が逆をやろうとします。緊張している状態から無理やりリラックスしようとします。これだとリラックスすることがストレスになってしまうので、なにかにつけてナーバスになってしまいます。
 
 
日常生活で緊張状態を高めるトレーニングとしてオススメしたいのが、できるだけ早く全ての作業を行なうことです。このとき時間制限を設けます。
 
 
スピードを高めるためには集中力が必要なので、緊張状態、集中力、スピードを同時に高めることができます。仕事や掃除、運動、読書など普段からゲーム感覚で実践しましょう。(ただし食事はゆっくり食べて下さい。)
 
 
 
 
 
■ 人の真似をすることを楽しむ
 
 
よく自分だけのアイディア、自分だけの考え方に固執してしまう人がいます。こうした人は考え方は非常に立派ですが、行動に至らないことが多いです。
 
 
先にのべたとおり、自分の快適ゾーンから出れないからです。そうならないためにも、例えば自分が高めたいスキルを一番上手くデキる人の真似をします。
 
 
例えばスピーチがうまくなりたいと考えているのであれば、スピーチの上手い人のDVDや動画を見てとことん真似をします。その人のことがとてつもなく大好きでものまねしているのか間違えられるレベルが理想です。
 
 
そうすると人前で披露するころにはモノマネがいつの間にか自分の物になっています。恐らく新しいことを学ぶうえでこれ以上効率よく学ぶ方法はないのではないでしょうか?。
 
 
 
 
258_201609041657313e1.png
 
 
 
 
 
■ 本番に強い人はピンチに強い?
 
 
本番に強い人は、ピンチをチャンスに変えられるくらいピンチに強いです。これはピンチに慣れるのではなく、普段から例えば他の人がダメでも自分だけは絶対に実現できると思い込ませているからです。
 
 
これが本当の意味での信じる力です。そのためにもピンチや逆境になればなるほど自分には凄いアイディアとそれを実現するパワーが湧いてくると思い込ませましょう。
 
 
とはいってもいきなり信じることはできませんので、ノートや紙に「私はピンチや逆境になればなるほど凄いアイディアとそれを実現するパワーが湧いてくる」と書いて毎日読みあげましょう。
 
 
この紙は人目につかないところ(財布や名刺入れなど)にいれて持ち歩くようにして下さい。これはお守りのようなものです。
 
 
これまでの工程を真面目にやりすぎないようにしましょう。あくまでも本番で最高の結果をだすためのゲームをやっていることを忘れないでください。以上です。
 
 
 
【出典】樺沢紫苑先生
 
「メンタルが弱いのですが」
 

 
 
 
 カテゴリ
 タグ
None