824.png
 
 
 
 
 
女性の喫煙率は減っていない?!
 
 
今回のテーマは「妊娠前の女性の喫煙の危険性につて」です。全体で見ると喫煙率は年々下がっているのですが、女性の喫煙率は20代を中心に依然として増えています。
 
 
たばこが値上がりしても買いづらくなっても減らないというのはある意味凄いですね。ただし街中で歩きタバコする女性は以前よりも少なくなっているように思います。
 
 
タバコを吸い続ける理由は人それぞれありますが、20代の女性の場合は妊娠・出産を控えている方が多いわけですから喫煙そのものが非常にリスクが高いわけです。
 
 
しかし、一度吸い始めると女性のほうが男性よりも禁煙が上手く行かないケースが多いようです。このため女性の喫煙率は60代以上の人を除いてほとんど減っていません。
 
 
今回は妊娠・出産前の女性の喫煙による悪影響について解説したDoctors Meさんの記事と室原豊明先生によるタバコの有害な点について解説した動画をご紹介させていただきます。
 



 

 
 
愛煙女子必見!妊娠前の喫煙はどれくらい危ないの?
 
 
「タバコは健康に悪い」「妊娠中の喫煙はダメ!」というのは周知の事実ですが、妊娠前の喫煙は、なぜよくないのでしょうか。今回は妊娠前の喫煙が及ぼす影響についてお伝えします。
 
 
 
胎児の成長を妨げる有害物質
 
 
タバコには多くの有害物質が含まれ、がんの原因となることはよく知られていますが...
 
 
その他に呼吸器疾患や、狭心症、心筋梗塞、脳出血、脳梗塞など、全身の重大な病変の原因となります。そのような有害なタバコを妊娠中に吸うと……。
 
 
第一に、胎児が正常に成長できなくなってしまうのです。
 
 
 
 
酸素不足や蛋白合成を妨げる
 
 
タバコに含まれる一酸化炭素やシアン化合物が胎盤を通過すると、赤ちゃんの体では酸素不足や、蛋白の合成が妨げられてしまいます。
 
 
さらにニコチンが血流量を減らす原因となり、これまた酸素不足の原因に。つまり、お腹の中で、しっかり成長できなくなる、ということ。
 
 
ただ、このシアン化合物は体内に蓄積されるといった報告はなく、妊娠前に禁煙をしていれば、赤ちゃんへの影響はあまりないともいえます。
 
 
しかし、その他の有害物質は体に蓄積。煙草をやめても、この蓄積されたものが赤ちゃんに危険な影響を与えていることが考えられます。
 
 
 
 
早急な禁煙が、子どもを救う
 
 
しかし一方で、妊娠前に禁煙すると赤ちゃんの生まれた時の体重が、タバコを吸ってない妊婦の胎児と同じ位になるという報告があります。
 
 
また、妊娠初期に喫煙していても、妊娠3~4カ月までに禁煙することで、生まれてくる赤ちゃんの体重が、タバコを吸っていない妊婦の胎児と同じ位に近づいたというような研究報告も。
 
 
さらに、早産や流産などのリスクも、妊娠前や初期に禁煙することで下がるとされているので、赤ちゃんへの影響を減らすみは、できるだけ早く禁煙をした方がいいのです。
 
 
 
 
酸素不足や蛋白合成を妨げる
 
 
タバコに含まれる一酸化炭素やシアン化合物が胎盤を通過すると、赤ちゃんの体では酸素不足や、蛋白の合成が妨げられてしまいます。
 
 
さらにニコチンが血流量を減らす原因となり、これまた酸素不足の原因に。つまり、お腹の中で、しっかり成長できなくなる、ということ。
 
 
ただ、このシアン化合物は体内に蓄積されるといった報告はなく、妊娠前に禁煙をしていれば、赤ちゃんへの影響はあまりないともいえます。
 
 
しかし、その他の有害物質は体に蓄積。煙草をやめても、この蓄積されたものが赤ちゃんに危険な影響を与えていることが考えられます。
 
 
 
 
医師からのアドバイス
 
 
赤ちゃんが生まれてからも、喫煙者のいる家庭では乳幼児突然死症候群といった、赤ちゃんが突然亡くなってしまうような症状が起こったりする可能性も高くなります。
 
 
現在タバコを吸われている女性は、できるだけ早く禁煙するのが将来の赤ちゃんのためになります。 まずは、自分の妊娠しやすさを調べてみましょう
 
 
 
【出典】 Doctors Me 
 
【画像】 We Heart It
 
 
 

 
 
【出典】室原豊明先生
 
「タバコの害について」
 

 
 
 
 タグ
None