762.png
 
 
 
 
■ 人間関係の悩みに終わりはない!?
 
 
業種に関係なく、職場ではさまざまな価値観を持った人と仕事をしなければなりません。色んな人の話を受け止めすぎてしまうと、次第に自分の心が疲れ切ってしまいますよね。
 
 
そうならないためにも最低限要な情報は聞いても余計な情報や感情はあえて無視するといった『スルースキル』が大切です。スルースキルで職場のいざこざを乗り切りましょう。
 
 
なぜなら職場ではさまざまな人たちと一緒に仕事をしなければなりません。見た目はいい大人であっても、中身はそうとも限りません。手のつけられない、ただの駄々っ子だったりします。
 
 
 
5604201611101_201611020239431e2.png

 
 
人によって価値観はさまざまですから、上司、同僚、部下、取引先の方などなど、自分とは違う考えの人とどうやってコミュニケーションをとったらいいのか悩むのも当然です。
 
 
色んな人の話を受け止めすぎると、自分の心がすり減ってしまいますよね。よく自己啓発関連の本で「受け入れる」ことが大切と説かれてますが、全てやっていたら大変です。
 
 
 
 
 
585_20160401000339b23.png
 
 
 
■ ときには耳をかさないことも大切です!
 
 
実際の職場では日々色々な情報が飛び交いますから、当然良い情報ばかりでなく、「悪い情報」というものに日々遭遇しますよね。
 
 
そういった「悪い情報」に対してその都度反応していては、体はもちませんし、ストレスの大きな職場に耐える事もできません。ここでスルースキルが役立ちます。
 
 
真面目で優秀な人ほど相手の言葉を真剣に受け止めすぎて、傷つく必要のない言葉で傷ついてしまいます。これは本当に悲しいことですよね。


大抵生きることに疲れた人は生真面目だから、相手の言う事を真剣すぎるくらい真剣に受け取ってしまうことが大きな要因の一つとして考えられます。




583.png
 
 
 
■ 真面目で優しい人ほどスルースキルを身につけよう!
 
 
スルースキルは、多様な価値観を持っている人々が集う環境で何かをしなければならない人たちにとって必須の能力です。特にサービス業に従事する人たちは必須ですね。
 
 
アメリカのロチェスター大学で行われたIQテストと視覚テストの研究結果によりますと、IQが高ければ高い人ほど高い物事への集中力が高いことが明らかになっています。
 
 
つまり、大事な情報だけ選択して認識しているわけです。優秀な人ほどどうでもいいことに振り回されていないということです。ですので、冷たく見えるのかもしれません。
 
 
この結果から、IQの高い人の方が必要な情報をうまく処理する能力に長けている=スルースキルが高いといえます。ストレス社会を乗り切るためにも非常に重要なスキルですね。
 
 
 
5584201611101.png
 
 
 
 
スルースキルの基本とは!?
 
 
「自分の都合にあわせて感情を閉ざす」
 
 
プラスの感情は周りを活気付けたりしますが、マイナスの感情は周りの人間も悪い方向に向かわせやすくなります。
 
 
自分と他人の境界線をもう少しはっきりさせることが大切です。他人のことはその本人に任せると割り切ることが重要。
 
 
 
 
584_20160401000339b45.png
 
 
 
 
「絶対に相手の言葉を深読みしない」
 
 
これをやってしまうと、相手に対する情が大きくなってしまいます。さんざん酷いことをされておきながら、それでも相手を許してしまう人は常に相手の言葉を風化読みします。
 
 
他人の言葉を深読みしそうになったときには『考え過ぎ!』『それ以上考えない!』など自分で自分に言い聞かせなければなりません。これだけ心の負担が大幅に軽減できます。
 
 
 

5594201611101.png

 
 
「人は人と受け流す」
 
 
相手は冗談のつもりで言った一言でも、真面目な性格の人は重く受け止めてしまいます。その人が朝「誰かの悪口を言ったこと」なんてなにひとつ覚えていません。
 
 
大抵の場合後にも引いてないし 、もはや無かったことになっていること。それを気に病んで考えることがいかにバカらしいか知らなければなりません。
 
 
コンプライアンスが厳格かされ、これからどんどん働くことが大変になっていくと、ある社会学者がテレビで語ってました。本当に大変なんですね。
 
 
そのためにも「スルースキル」が重要です。ぜひスルースキルを極めてください。
 
 
 
【画像】 We Heart It
 
【画像】 Pinterest
 
【出典】 SOGABE1982さんのチャンネル
 
「篤郎の超絶スルースキル」
 

 
 
 カテゴリ
 タグ
None