754.png

 
 
 
 
1日1食の人たちが増えている?!
 
 
驚くべきことに1日1食しか食べない人が増えています。特に著名人の間で実践される方が増えています。しかもみなさん口を揃えて「体調が良くなった」と申しています。
 
 
有名どころでは、北野武さん、タモリさん、片岡鶴太郎さん、京本政樹さん、福山雅治さん、辰吉丈一郎さんです。みなさん年齢の割にスリムな方ばかりですよね。
 
 
北野武さんは若いころあれだけお腹が出ていたのに、最近はすっきりしています。あれだけ肉体的にも精神的にもハードな仕事をしていてよくもつなというのが正直な感想です
 
 
というのも一般的に食事は1日3食しっかり食べたほうが心と体の健康に良いとされていますよね。確かに1日1食では1日に何度もイライラしそうですものね。
 
 
どうやら、年齢的なことや個人の生活スタイルや生活習慣にあわせて食事の回数を決めた方がいいようです。例えば小中高生が1日1食では到底もちませんよね。
 
 
しかし、40歳をすぎれば基礎代謝も低下し、運動量も減るので1日3食ではかえって身体に余計な負担をかけてしまうこともあるようです。
 



 
1日1食の中身とは?!
 
 
まずどういった食事を取るのか気になりますよね。食事は毎回タンパク質(肉、魚、豆類など)を中心に構成されているようです。当然これではバランスが崩れますよね。
 
 
緑黄色野菜もしっかりビタミンを摂るために当然毎回でます。しかし、さすがに1日1食となるとバランスを取るために1回の食事量が必然的に多くなってしまいます。
 
 
そうなるとさすがに食べれないときもあるわけです。そうした場合は無理して全部食べずにジュースやサプリでビタミンなど必要な栄養素を摂るようです。
 
 
また、どんなに栄養素が高くても、1品だけ食べるということはしないようです。例えば蕎麦だけとか、カレーだけとか、カツ丼だけと言った具合です。
 
 
そして、どうしてもお腹が空いた時は固形物ではなく、ジュースや流動食でカバーするようです。ですので、1日1食に慣れれば問題なく普通に生活出来るようです。
 
 
 
 
 
1日1食のメリットとは?!
 
 
1回の食事を時間をかけて食べるので、噛む回数も当然ふえるので、唾液もしっかり分泌され、胃の中の消化酵素も良い状態に保たれるので消化には良いようです。
 
 
身体の負担も減るので、疲れにくくなりますし、空腹状態が長く続くので、これらがストレスを抑える働きもあります。このため集中力も増し、仕事や勉強の効率も上がります。
 
 
無理してダイエットする必要はありません。常にスリムな状態を保てます。片岡鶴太郎さんは少し痩せ過ぎような気もしますが、本人曰く健康そのものだそうですよね。
 
 
1日1食だと食費もその分減るので、おさいふにも優しいです。私は浮いたお金で毎晩飲んでしまいそうなので、とりあえず1日2食(昼抜き)を実践しています。
 
 
1日3食のときよりもお腹が減っている時間が長いですが、やはり体調がいいので、もう3食食べたいとはまったく思いません。今の食生活がベストのようです。
 
 
 
【出典】樺沢紫苑
 
1日1食は、健康にいいのか?
 

 
 
 
 タグ
None