728.png

 
 
 
 
誰もがさらに忙しくなる!
 
 
毎日忙しく過ごされている皆様にこのようなことを言うのは大変申し訳ないのですが、これからますますやらなければならないことが増えていきます。
 
 
スマホの普及率が高まるに連れて関連サービスがとてつもない勢いで進化・拡大を繰り広げているので、スマホを持っている人は確実に利用時間が増えているはずです。
 
 
そうすると我々の日々の暮らしの中で時間が奪われることとなり、より忙しい日々を否応なしに過ごすことになります。そうなるとやりたいことがますます出来なくなります。
 
 
特に小・中学生のお子さんをお持ちのご家庭は個人の時間がますます無くなります。しかし、そうした中で各個人の能力を高めなければなりませんよね。
 
 
それくらい一つの会社や機関、団体で働き続けることが難しくなっています。日々勉強しなければなりません。ですので、いかに効率よく学ぶかが鍵となります。
 
 
 
 
 
なぜ15分間なのか?!
 
 
なぜ15分なのかというと、「5分の法則」をもっとも良い形で活用するためです。5分の法則というのは、最初と最後の5分が最も集中力が高まり作業効率が高まることです。
 
 
つまり、短期集中で最大の効果を得ようと考えた場合、15分がもっとも効果が高いうえに時間の無駄が少なくてすむというわけです。
 
 
また、15分刻みにすることによって、何にどれくらい使っているか把握しやすくなりますので、いろいろな作業を同時に進めながら無理なく展開することが出来ます。
 



 
15分間読書!
 
 
ダラダラ読むのが一番記憶に残りません。なぜ本を読むのかしっかり目的意識を高めた上で15分間で全部読もうとするとキーワードはしっかり目に飛び込んできます。
 
 
どういったことが書かれているか、これである程度把握できます。そして、その中で自分に必要だと思える箇所だけ普通に読めば大幅に時間を節約することができます。
 
 
時間を使って1冊読む以上に本の内容が記憶されます。それだけ目的意識を高めたうえで本を読むと脳の働きが活性化し、凄い効果を実現することができるんです。
 
 
夏休みの読書感想文の宿題を思い出してください。必死に本の内容を理解しようとしたのではないでしょうか、実用書などはこうした読み方の方が記憶に残りやすいんです。
 
 
これにより、質問力、要約力、プレゼン力がつくので、仕事もより効率よく進められます。
 
 
 
 
 
15分の昼寝がストレスを抑えて健康を促進!
 
 
平日は睡眠時間が削られることも多いのではないでしょうか?。
 
 
そのまま無理して働くと疲れが解消されずに蓄積されるので、免疫力が低下し、様々な病気を引き起こす可能性が高まります。健康を害してしまっては意味がありません。
 
 
そこでおすすめしたいのが、15分間の仮眠です。20分以上寝てしまうと深い睡眠に入ってしまうのですが、15分程度だとそうしたこともありません。
 
 
たった15分程度の仮眠であっても、脳をリフレッシュしてくれるので、仕事の効率が高まります。またストレスを抑える働きもあります。
 
 
 
 
 
15分間勉強法!
 
 
15分間という限られた時間内に勉強します。例えば英語、英会話などはNHKの教育番組がおすすめです。番組自体が15分なので無理なく進めることができます。
 
 
NHKの講座は他にもいろいろ学べますが、NHKにはない講座を勉強するとなるとテキストのみの場合も多いです。その場合は先に紹介した読書を取り入れて勉強を進めましょう。
 
 
 
 
 
15分間脳トレーニング!
 
 
今Youtubeには15分間程度のイメージトレーニングができる動画が沢山アップされています。例えば記憶力を高める方法だったり、不安に打ち勝つためのイメージトレーニング、
 
 
人前での緊張を抑えるための方法などをイメージトレーニングによって克服していく動画を使うと効果的です。全て無料で利用できるので、これらを活用しない手はありません。
 
 
 
 
 
寝る前にやってほしい15分間反省ノート!
 
 
今日一日を振り返って反省をします。しっかり反省することによって、具体的にどのように対処すればいいか見えてきますので、明日以降にすべきことが明確になります。
 
 
反省と言っても、自己批判や自分を責めるようなことをしないでください。あくまでも客観的に見て反省箇所を書き出すだけにとどめてください。
 
 
また、同時にほめてあげられる点があるのであれば、しっかりほめてあげてください。これを習慣化すると対策や改善する方法が明確になり仕事の不安が解消されます。
 
 
 
【出典】樺沢紫苑
 
「 記憶力をアップさせる意外な能力 」
 

 

 カテゴリ
 タグ
None