313.png





■低糖質ダイエットとは?!


今回は、低糖質ダイエットについてです。
食事制限は困難ですが、低糖質ダイエット
は基本的に糖質を制限するだけです。


食べたいものを我慢するストレスがない
ことから、それほど困難ではありません。


しかも糖質以外の栄養素をしっかり取れる
ようになるので、栄養バランスが取りやす
いことから、より健康になります。


また、「低糖質ダイエット」について
非常に分かりやすく解説されている
こちらのYoutube動画も是非ご覧ください。


いかに食事制限だけのダイエットが難しく、
健康に良くないか、お分かり頂けます。











■低炭水化物ダイエットとは?


低炭水化物ダイエットの魅力は、それほど厳しい食事制限がない点です。基本的に食べてはいけないものがないので、無理なく続けられる点が人気の秘密でもあります。


高炭水化物食品もご褒美食として、食べることができますので、ひたすら厳しい食事制限のみを行うダイエット方法とは全く違います。健康バランスが良くなるのでお勧めです。





■食事のとり方について


ちなみに、ここでいう高炭水化物食品とは、一回で摂取する平均量の中に4g以上炭水化物が入っている食品をさします。低水化物ダイエットは低水化物食品を一日2~3回食べます。


残り一回を高炭水化物食品をご褒美食として食べることが認められています。制限らしい制限がないのも魅力です。ただしダイエット効果を維持するために多少の我慢は強いられます。





■一日に三食たべていい!


低炭水化物ダイエットは、朝、昼、夜の三食をいつ食べてもいいんです。ただし、時間帯は毎日同じにして、朝と昼を低炭水化物メニューにし、夜を高炭水化物メニューにするのが良いです。





■低炭水化物食品の調理について


次に調理法についてですが、基本的に唐揚げや天ぷらんのように衣をつける料理以外であれば何でもOKです。1回の食事の量は、野菜は2カップ程度・ドレッシングは大さじ1~2程度です。


メインディシュ( 1魚、もしくは肉 )は、約80~120g程度、チーズは50g程、高カロリーなバターなどは、ひと塗りする程度が目安となります。最初は物足りないですが、すぐに慣れます。


油はオリーブオイルがいでしょう。心臓病などを効果的に抑えてくれます。





■ご褒美食とは?


低炭水化物ダイエットでは、褒美食として一日に一回60分以内に限って好きなものを好きなだけ食べることが認められています。低炭水化物ダイエットを実践するうえでの楽しみです。


甘いものを食べることで、脳内が急速に満たされますので、褒美食として甘いモノを選ぶ人が多いです。私の個人的な経験では、18時以降食べないようにすると短期間で一気に痩せます。


野菜が不足しがちとなりますので、サプリメントや酵素ドリンクなどでカバーするとよいでしょう。