719.png
 
 
 
 
 
仕事を任せましょう!
 
 
仕事がデキる人が出世していく過程で大きな壁となるのが仕事を人に任せる(アサイン)ことです。仕事が出来るだけに「自分でやったほうが早い」そう考えてしまします。
 
 
また、仕事ができる分仕事に対する責任感が強いので余計にそう思ってしまわけですが、あなたがもしそうなら非常に損をしています。早い段階でどんどん任せるべきです。
 
 
仕事をまかせることによって、さらに成長することができますが、いつまでも任せようとしないと、そこで成長が止まってしまうので、仕事を任せるようになりましょう!!。
 
 
 
 
 
仕事を任せられない人の特徴とは?!
 
 
まず仕事を人に任せられないタイプの特徴として優しい人に多く見られます。30代の新人リーダーは自分よりも年上の従業員が職場にたくさんいるので、中々お願いできません。
 
 
このためリーダーになったはいいが、職場にいるだけでこれまでにない強いストレスを感じてしまいます。しかも会社側の評価がどんなに高くても低いと感じてしまいます。
 
 
しかし、そのままではいけません。なぜならあなたの評価が今以上にあがることがないからです。どんなにあなた一人で頑張っても一人分の仕事しかできません。
 
 
どんなに一生懸命頑張っても、いつまでも一人分の仕事しかできないので、当然会社側のあなたに対する評価も変わらないので、不平不満はさらに大きくなります。
 




 
人に任せられるようになるには?
 
 
仕事を任せられるようにするには、周囲の人たちに役割を与えなければなりません。ただ仕事を振り分けるだけでは、だれもやる気にはなりませんよね。それは誰もが同じです。
 
 
そのためにも仕事を任せるという考え方を一度捨てて、職場の人たちをスターにすると言う考え方に立ってみてください。つまりあなたはリーダーではなく、プロデューサーです。
 
 
プロデューサーは仕事を任せる人たちの魅力(能力)を引き出すためにも、あえて失敗するチャンスを与えましょう。そうすることであなたも仕事をまかせやすくなります。
 
 
ですので、仕事を任せる理由も大事です。適当な考えでは相手の心は動きません。ですので、「この仕事はだれが一番向いるか?」というふうに、しっかり考えましょう。
 
 
一度仕事を任せたら、最後まで余計な口を挟まないようにしましょう。その人のやり方を尊重してあげましょう。そうすることでより信頼関係が生まれます。
 
 
 
 
 
職場全員で成長する方法とは?
 
 
業務に関するマニュアルを作成する場合は、絶対に完璧な状態にしないことが大切です。6~7割程度のラフなもので十分です。あとは職場の人たちに考えてもらいます。
 
 
全員が意見を出しあうことによって、職場の士気も高まりますし、仕事の質も高まりますので、それが総和となって職場全体が精鋭チームとなります。
 
 
大切なのは検証は一緒にやって実際に仕事を進めていくのは、仕事を任せた人に責任をもってやってもらいます。次に大切なことが「あせらないこと」です。
 
 
焦れば焦るほど泥沼に入ってしまうので、結果が出るまでは忍耐強く待ち続ける必要があります。もちろん注意しなければならない時はしっかり注意しましょう。
 
 
 
 
 
【出典】家弓正彦の仕事塾
 
「アサイン(仕事を任せる)_
 個人と組織のマネジメント」
 

 

 
 カテゴリ
 タグ
None