713.png

 
 
 
 
■ 運動しないダイエットにNOを!
 
 
当サイトでは一切食事制限のみのダイエットをおすすめしていません。その理由は基礎代謝を著しく悪化させてしまうので、仮に痩せても心と健康に良くないからです。
 
 
基礎代謝が低下するとほんの少量しか食べていないのに以前よりも太りやすくなってしまうので、必ずといっていいほどリバウンドします。辛い苦しいを繰り返します。
 
 
これを長期間にわたって繰り返すと、摂食障害を引き起こす可能性があるので、ダイエットするなら必ず運動を取り入れて、それを習慣化することをオススメします。
 
 
 
 
 
■ 腹筋はなぜ続かないのか?!
 
 
279_201606020314585f1.png
 
 
 
 
筋トレのメニューは沢山ありますが、たとえば腕立て伏せや腹筋のような一部分だけのトレーニングでは長続きしません。
 
 
特に腹筋は女性でもやられる方が多いですが、大抵長続きしません。腹筋を習慣化するとなると相当な精神力と根気がなければ難しいですよね。
 
 
仕事から帰ってきて、いざやろうと思っても間違いなく疲れた体が拒絶します。やるなら全身が鍛えられるトレーニングです。
 
 
それが今回オススメさせていただくスクワットです。スクワットは主に下半身を鍛えるトレーニングと思われがちですが、正しくやると全身を効率よく鍛えられます。



 
■ スクワットの優れた効果について!
 
 
763_20160901174354d3e.png
 
 
 
 
スクワットはとにかく、その姿勢が大事なのですが、姿勢を微妙に変化させることによって、スクワットをしながら鍛えられる筋肉をえることができます。
 
 
多くの女性の方々が腹筋を試みる理由としてウエストを細くしたいという思いがあるからですが、腹筋よりもスクワットのほうがエネルギーの消費効率がいいんです。
 
 
ですので、スクワットのほうが少ない回数でお腹まわりの脂肪を燃焼してくれます。
 
 
大げさな話ではなく、本当にスクワット1回が腹筋100回分の効果があるとされています。それだけスクワットは全身の筋肉を鍛えられる証拠です。
 
 
もっとも痩せている人の場合はこの限りではありません。例えば痩せている方が腹筋を割りたいのであればスクワットよりも腹筋がベストです。
 
 
 
 
 
■ スクワットで筋肉増強プラス基礎代謝をアップ!
 
 
280_201606020315009e1.png
 
 
 
 
スクワットはふくらはぎを刺激します。ふくらはぎは第二の心臓とよばれるほど全身の血液循環になくてはならない存在ですので、人間が生きていく上で大切な部位です。
 
 
ですので、ふくらはぎのような大きな筋肉を刺激することによって、筋肉量が増えるだけでなく、基礎代謝もアップするので次第によく汗をかくようになります。
 
 
汗が体内の老廃物を排出してくれるので、美肌効果も高まりますし、なによりダイエット効果が高まります。またスクワットを継続すれば太りにくい体質へと改善されます。
 
 
 
 
 
■ スクワットはどれくらいのペースでやればよいのか?!
 
 
今回ご紹介させていただく動画に正しいスクワットを行なう方法が実演されていますので、こちらをそのまま真似て頂ければ大丈夫です。
 
 
また、スクワットは1回15回から20回を目処に3セット行なうことをオススメします。これで全身の筋肉量を増やしながら基礎代謝を高めることができます。
 
 
これを週3~4回行なうことによって、適度な筋肉がつき美しい姿勢が無理なく保てるようになりますので、習慣化されることをオススメします。
 
 
 
 
【参照動画】MuscleWatchingさん
 
「スクワットの正しいやり方と
 よくある間違いを詳しく解説!」

 

 
 
 タグ
None