707.png
 
 
 
 
■ 大人のADHDが増えている理由とは?!
 
 
ほんの数年前まで日本では発達障害の一つであるADHD(注意欠陥・多動性障害)は、一般の人たちの間では殆ど知られていませんでした。話題にあがることは全くありませんでした。
 
 
しかし、最近多くの著名人が自身がADHDであることを告白し、かなり一般の人たちの間でも認識されつつありますが、それでも異質な病気として捉えられてしまう向きが依然として強いです。
 
 
ADHDは子ども特有の発達障害であると捉える向きが強かったのですが、ここ最近成人になってからADHDと診断され、苦しんでいる人が増えていることが明らかになってます。
 
 
 
4774201610130.png
 
 
 
『 なぜ成人するまで分からないのか!? 』
 
 
しかし、成人期のADHDは、全体の2.5%なので、それほど多くありませんが、成人の方は自分がADHDであることを自覚することがないまま成人しているので、多くの方が検査を幼少期に受けていません。
 
 
つまり、ADHDでありながら、成人するまで診断される機会がなかった人が今現在沢山いるので、今後さらに大人のADHDが増えることが予想されています。
 
 
ちなみに幼少期にADHDを発症した人たちのADHD特有の症状が成人になっても、ほとんど改善されずに、そのまま残ってしまう確立は50%から80%とされています。




3_201607282142483ad.png
 
 
 
■ 大人のADHDは社会で強いストレスを受けやすい?!
 
 
大人のADHDは、子どものころに見られたような奇行ともいえる衝動的な行動はさほど見られませんが何か目的があるようでないような特異な行動パターンが繰り返されます。
 
 
ちなみに子どものADHDは、例えば学校の授業中に突然暴れだしたり、席を立って歩きながら歌い出したり、大声で泣き出したりといった行動を取ります。
 
 
 
 
『 子供の方が治療を進めやすい理由とは? 』
 
 
このため、そのあまりにも突拍子もない行動によって小中学校で発見されることが多いので、早い段階でADHDのための治療を進めることができます。
 
 
ですので、大人のADHDの症状は、ある意味子どもよりも深刻かもしれません。例えば仕事や社会生活で日常的にストレス要因が多いので、職場で強いストレスを感じてしまいます。
 
 
 
 
 
533.png
 
 
 
■ 大人のADHDの主な症状とは?!
 
 
ADHDは、「不注意」「多動性」「衝動性」の3つが柱となって、日々の生活に支障をきたします。例えば仕事でついうっかりミスをして上司から注意されたとします。
 
 
一度に複数のことを注意されると混乱してしまい、注意されたすべてのことを忘れてしまうこともあるだけに、わざとやっているように思われてしまうのです。
 
 
 
 
7520171009ht.png
 
 
 
『 集中して何かをすることが苦手? 』
 
 
また、普段から落ち着きがなく、その場の空気を読むことができません。しかも一箇所にじっと座っているのが苦手であるため、いつも何らかしら活動をしています。
 
 
行動を止められると不快感をあらわにします。また、大人になってからADHDと診断されてしまう方は、幼少の頃から同じ症状に悩まされているケースが圧倒的に多いです。
 
 
 
 
4764201610130.png
 
 
 
『 社会全体でADHDの理解をもっと深めて... 』
 
 
こうした突拍子もない行動を取るので、多くの方が親の躾がなっていないために、こうした態度を取ると考える方が多いのですが、それは誤解です。
 
 
ADHDの原因は依然として解明されていませんが、注意力や判断力をつかさどる大脳の「前頭前野」で、神経細胞間の情報伝達が正常に機能していない可能性があると言われてます。
 
 
このため社会全体にADHDに対する理解が広がることを切に願っているわけですが、残念ながら欧米ほどADHDに対する理解がえられていないのが現状です。
 
 
 
 
 
4784201610130.png
 
 
 
■ ADHDの治療法とは?!
 
 
大人になってからADHDと診断された場合の治療法についてですが、「行動療法」と「薬物療法」が基本です。薬物療法は効果が高いですが、一部の症状においてのみ有効です。
 
 
ですので、ADHDの治療は行動療法が中心となるわけですが、非常に根気がいるので、それを支えるご家族にも大きな負担となってしまう可能性があります。
 
 
しかし、治療を続けることによって、薬物療法のような一時的な効果ではなく、症状そのものがかなりのレベルにまで改善されることも珍しくありません。
 
 
 
 
 
41030170114.png
 
 
 
■ ADHDや学習障害など発達障害を克服した著名人
 
 
ADHDは発達障害の枠組みに組み込まれています。他にも自閉症スペクトラム障害や学習障害、発達性協調運動障害、トゥレット症候群なども発達障害に含まれます。
 
 
大人になってから突然ADHDと診断されて悩まれる方も少なくありません。しかし、ADHDや学習障害など発達障害と診断された方の中には沢山の成功者がいます。しかも業界のトップの方が大勢います。
 
 
 
 
19120171021ht.png
 
 
 
『 その道のトップに発達障害を克服した人が多い 』
 
 
有名なところでは、トム・クルーズさん、ウィル・スミスさん、エマ・ワトソンさん、ピート・ローズさん、マイケル・ジョーダンさん、イチローさん、黒柳徹子さん、スティーブ・ジョブズさん、ビル・ゲイツさんなどがあげられます。皆さん、その道のトップの方ばかりです。
 
 
トムクルーズさんが学習障害を演技のレッスンを通じて克服したように、その過程で天才と呼ばれるにふさわしい特別な能力を身につけるのかもしれません。
 
 
ちなみにADHDは、まず自覚することが大切です。そうすれば感情の振り幅を小さくし、より感情ををコントロールしやすくなります。また、治療の効果もより高めることができますので、専門医を受診されることをオススメします。
 
 
 
 
【画像】 Pinterest

【画像】 wikiHow
 
【出典】 akuchin1021さん
 
成人期「ADHDの正しい理解のために」
 

 
 
 カテゴリ
 タグ
None