690.png
 
 
 
 
 
■悪口を言えば言うほど脳は老化する?!
 
 
過去100年間にわたって化学は飛躍的進化をとげましたが依然として人間は脳のメカニズムについて完全には解明できていません。謎だらけと言っても過言ではありません。
 
 
脳の働きは非常に優れたものでありながら、ある意味欠陥としかいいようのない1つの弱点があります。それは「脳は主語を理解できない」という点です。
 
 
この事実をきちんと把握して利用してやることによって人生が大きく飛躍します。なぜなら感情をコントロールしている「古い脳」は驚くべきことに主語が理解できません。
 
 
ですので、新しい脳から送られてくる情報を主語がない状態で理解します。主語が理解できないとどうなるか?。例えば職場の同僚であるAさんの悪口を言ったとします。
 
 
 
 
3194016920.png
 
 
 
 
しかし、脳は誰かの悪口を言っていることは理解できても、このAさんの悪口を言っているとは理解できなわけです。当然ここで混乱が生じてしまいます。
 
 
そして、大抵の場合において脳は間違って自分の悪口であると認識してしまうのです。従って自分の悪口をいわれていると誤認識するため強いストレスを受けることになります。
 
 
このストレスが脳内にコルチゾールというストレスホルモンを分泌させてしまうため、脳の働きを著しく悪化してしまい、脳の老化がどんどん進んでいきます。
 
 
もっと簡単にいえば、人の悪口をいうと、脳内にコルチゾールが大量に発生してしまうので、脳の老化が進み、そのまま放置してしまうと認知症の発症リスクが高まります。



 
347_20160611022237fb8.png
 
 
 
 
■悪口を言うと認知症リスクが3倍に!
 
 
よくスピリチュアル系の本に書かれている「人の悪口を言うと運が大きく悪化する」というのは荒唐無稽の話ではありません。かなり的を得ています。
 
 
フィンランドの脳神経学者トルパネン博士とその研究チームは、平均年齢71歳の1449人に対し、普段どれくらいの割合で悪口を言っているのか調査を行ったのです。
 
 
何と普段から自分に近い人間の悪口だけでなく、ゴシップのなどで会ったこともない人の悪口まで言っている人がいたり、意地悪な態度を取る人もかなりいたようです。
 
 
そして、普段から悪口ばかり言っている人とそうでない人の認知症発症リスクは3倍も違うことが明らかになったのです。それだけ悪口は自分を苦しめるということなんです。
 
 
 
 
383_20160611022235edf.png
 
 
 
 
■ 悪口を言っても良い場面とは?!
 
 
ただし、そうはいってもどうしても悪口を言わないと気がすまないときもありますよね。嫌な態度を取られたり、意地悪されて笑顔で過ごすなんてことは到底できません。
 
 
そういった場合は心を浄化させる気持ちで悪口を言うと心がスッキリするので、脳もストレス解消のためと認識するためコルチゾールの大量発生を防いでくれます。
 
 
しかし、人の悪口をいうと、それが癖になって止まらなくなるので、個人的にはあまりオススメしません。嫌なことがあったら歩くのが一番のストレス解消だと自負しています。
 
 
 
 
【参照動画】美輪明宏さん
 
「悪口について」 
 

 
 
 
 カテゴリ
 タグ
None