664.png
 
 
 
 
 
これが視力0.01の世界?
 
 
今回ご紹介させて頂く動画は視力0.01の世界をわかりやすくまとめています。私大変ありがたいことに視力は両目ともに良いい状態にあります。
 
 
しかも最近表情筋トレーニングを始めたら、眼球も動かす関係か、さらに視力(1.0から1.5)が良くなりました。劇的に良くなったので、気がついたことがあります。
 
 
まず疲れにくくなりました。首がこる、肩がこる、といったことがまったくありません。しかも、ストレスを感じることも少なくなっているので、視力は大事だなと思います。
 
 
上にある画像をご覧頂ければお分かりかと思いますが、視力0.01の世界は裸眼だとこの状態ですから本当に大変ですよね。心身にかかるストレスは大きいと思います。
 
 
 
【出典】ガクブルニュース
 
【驚愕】これが視力0.01の世界だ!
 

 




 
なぜ視力が低下するのか?
 
 
いわゆる近視の状態とは、眼が全く調節を行っていない(リラックスしている)ときに、眼に入る平行光線が網膜より手前に結像してしまう状態のことです。
 
 
なぜ視力はが落ちてしまうのかというと、一般的には、「環境」「遺伝子」の2つが大きな要因とされています。とくに最近は環境が劇的に悪化してます。そう「スマホ」です。
 
 
長時間にわたって一点を見つめることになるので、眼球周辺の筋肉が著しく衰えてしまうので、視力が急速に悪化します。また、表情筋も同時に衰えるので老け顔になります。
 
 
 
 
 
近視と乱視の違いとは?
 
 
乱視は角膜と水晶体のゆがみによって引き起こされます。生物の目は完全ではないため万人が乱視の要素を持っているが、軽微な場合は問題がないことが多いとされています。
 
 
近視や遠視は、見るものまでの距離によって見え方が違う目です。 乱視は、見るものまでの距離にかかわらず、ぼけて見えます。つまりどこにもピントが合わない目なのです。
 
 
 
 
 
近視は治るのか?
 
 
メガネやコンタクトレンズを使わずに近視を治すのは難しいです。 一応点眼薬を用いる治療法がありますが、視力がもとに戻る例はそんなに多くありません。
 
 
最近ではLASIK(レーシック)という近視矯正手術が有名ですが、レーシックなら近視をレーザーで精度良く治すことができるので、有名芸能人やスポーツ選手も沢山受けてます。
 
 
実際にレーシックによって、その恩恵を受けた患者は沢山います。
 
 
また、最近ICL(眼内コンタクトレンズ)という手術が注目を集めていまして、これはコンタクトレンズを眼の中に移植する手術で、リスクはレーシックより低いとされています。
 
 
今回は視力回復トレーニングとして以下の動画をシェアさせていただきます。
 
 
 
【出典】アスコムチャンネル
 
「目の体操をやってみましょう」
 

 
 
 
 タグ
None