478.png
 
 
 
 
■ 食が変わるとここまで大変なことに!
 
 
肩こり、腰痛、偏頭痛に悩まされている方が男女を問わず、年々増えています。私が子供のころは、肩こりや腰痛は、おじさん、おばさんがなるものと思われていました。
 
 
しかし、ここ最近では年代に関係なく、体の不調や痛みに苦しんでいる方が増えています!。とくに中高年になると何らかしら体の痛みで苦しんでいます。深刻なケースも多いです。
 
 
こうした慢性的な痛みの原因に食生活をあげる方が少なくありません。昭和と平成では本当にこれが同じ国民かと疑いたくなるぐらい食生活が激変しています!。




69640161005.png
 
 
 
■ 日本の食生活はこうして激変した!
 
 
特に外資のファーストフード店が日本に進出してからは、一気に変化する動きが加速しました。そして、毎日の食事の中で肉類が圧倒的に多くなり、野菜が不足することになりました。
 
 
食生活が変わったことにより、生活スタイルも大きく変化しています。毎日仕事でストレスフルなことが多くなりました。ほとんど毎日至る所でイライラしている人を見かけます。
 
 
食生活と因果関係が多分にありそうです。野菜が不足して、消化されるのに時間がかかる肉類を沢山摂取すると、代謝酵素が不足することとなり、体内で酵素不足が進みます。
 
 
 
 
544_2016063021110256d.png
 
 
 
■ 酵素不足が痛みの原因
 
 
すると消化機能が衰え、血が汚れていきます。すると、血流に大きな影響をおよぼします。血液が汚れると心筋梗塞など、生死にかかわる病になる可能性さえ秘めています。
 
 
そうすると、体のありとあらゆる器官を蝕む活性酸素が自然と増えて内臓体壁反謝となってしまうわけです。これにより、体のいたるところが痛みによって苦しめられてしまいます。
 
 
そうならないためにも、バランスの良い食事を心がけ、酵素を意識して摂取する必要があります。必要となる酵素の摂取を正しく行えば、いつまでも若々しく健康で人生を楽しむことができます。
 
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【動画】 naoco yogaさんのチャンネル
 
肩こり・腰痛解消☆バスタオル一枚で
骨盤を整える方法☆さとう式リンパケア