7_20151114165014677.png


6.png


6.png


3_20151114164926f93.png


4_201511141649250b3.png


2_20151114164923b0a.png


5_20151114164922fd0.png


1_20151114164921590.png





一般市民が事件に巻き込まれる異常事態


凄い事件がフランスはパリで起きてしまいました。テレビをつけてもどこもやっていなかったので、どっきりなのかなと一瞬わけのわからないことを考えてしまいました。

それくらいどこのテレビ局も普段どおりのバラエティ番組を放送しています。これは何かあるのではないかと思い、現メディアの報道を投稿させていただきます。

欧米の主要メディアすべてトップニュースです。さきほどCNNを見ていたら同時通訳の方が泣きながら通訳していました。それくらい大変な事件だということが伺えます。

この事件で亡くなられた方々のご冥福と、この事件が第三次世界大戦の引き金にならないことを祈るばかりです。







 
 
パリで銃撃や爆発、153人死亡 劇場やサッカー場など
 
 
CNN.co.jp 11月14日(土)10時36分配信
 
 
(CNN) CNN系列局のBFMTVによると、フランスのパリで13日夜、劇場など少なくとも6カ所で銃撃があったほか...

サッカーの代表戦が行われていたパリ郊外のスタジアムでも少なくとも3回の爆発があり、当局によると、合わせて少なくとも153人が死亡した。


内務省によると、銃撃があった場所の1つ、劇場「バタクラン」では少なくとも112人が死亡した。

同劇場内から脱出したラジオ記者によると、黒い服に身を包んだ男2人がAK47とみられる自動小銃を発砲。マスクは着けておらず無言だったという。

銃撃は10~15分間にわたり続き、劇場内のコンサート会場にいた観客はパニックになり悲鳴を上げた。20~25人の死体が床に散乱していたという。



男らは人質を取って劇場内のコンサート会場に立てこもっていたが、BFMTVによると、警察特殊部隊が現場に突入。襲撃者2人は殺害され、立てこもりは終わったという。

警察により人質少なくとも100人が屋外に解放された。負傷者がいる模様。



また仏メディアによると、サッカー・ドイツ代表とフランス代表の試合が行われ...

オランド仏大統領も観戦に訪れていたパリ郊外の「スタッド・ド・フランス」で複数の爆発があった。オランド大統領はハーフタイムに避難し、スタジアムは閉鎖された。

情報筋によると、爆発のうち1件は自爆テロとみられる。



これを受けて、オランド大統領は非常事態を宣言し、国境を閉鎖する意向を示した。

「我々は共感と連帯、団結を示し、冷静さを維持する必要がある。フランスは強く偉大な国でなければならない」と述べた。

事件は「前例のない攻撃」で、「テロと直面して、この国は自分をどう守り、軍隊をどう動かし、テロリストにどう打ち勝つかを知っている」とも述べた。



オランド大統領、マニュエル・バルス副大統領、カズヌーブ内相は内務省で緊急会議を開催した。

パリ警察は市民に自宅待機を命令。ツイッター上で、「絶対の必要がない限り」自宅にとどまるよう呼びかけている。

「ル・パリジャン」紙の記者によると、フランス当局はテロ捜査を開始。



公式の犯行声明は出ていないが、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」はツイッター上で、一連の攻撃を称賛した。

また、オバマ米大統領はホワイトハウスで、「これはパリやフランスの人々への攻撃にととまらず、人類すべてと我々が共有する価値観への攻撃だ」と主張。

一連の攻撃について、「罪のない民間人を狙った卑劣なテロ行為だ」と述べた。



米国の対テロ当局者によると、米国の対テロ当局は、情報を収集し米国に対するテロの脅威がないかを評価するため、会議を開催。

今のところ米国への脅威を示唆する情報はないという。現時点でパリでの犯行を疑われているのは、シリアやイラクから帰国した戦闘員だという。
 
 
 
【出典】CNN.co.jp
 
 
 

 

8_20151114165006e5a.png



 
 カテゴリ
 タグ
None