577.png





頻繁に寝違えていた辛い過去


私は以前よく首を寝違えてました。仕事を終えて飲んでから帰宅することが多かったので、そのまま寝てしまうことも多く、次の日首の痛みで目が醒めることも多々ありました。


寝相が単に悪いからだと思い、枕をしないで寝るようになってからは首が寝違えることはなくなりました。また首まわり、アゴ周りのたるみも解消されました。


ですので、枕をしないで眠れば寝違えることはないのかなと現状では考えています。しかし、これまで辛い首の痛みに悩まされ続けてきたので、色々と勉強しました。


今回ある程度分かってきたので寝違えたときの対処法について解説させていただきます。




最近増えている体調不良の意外な原因とは?


首を寝違えると強い痛みはなくても、何をするにしてもイライラしてしまうような不快な痛みがあり、行動が制限されてしまうので自己流のマッサージで何とかしようとします。


しかし、かえって症状を悪化させてしまうことのほうが多いので注意が必要です。


まず、首を寝違えたときに一番やってはいけないのが直接首の患部をマッサージすることです。これは症状を悪化させるだけなので、絶対にやめてください。


実は寝違えてしまったことで生じる痛みは首が原因ではなくワキの下にある神経が圧迫されてしまったことが本当の原因なんです。


ですので、いくら首をマッサージしても寝違えてしまったことによって生じる痛みは解消しません。そこで今回は瞬時に寝違って生じた痛みを解消する方法をご紹介します。




最近増えている体調不良の意外な原因とは?


今回ご紹介させていただく寝ちがえを治すエクセサイズなんですが、驚くほど簡単に出来て、即効性の高い素晴らしい効果を実現しまず。内容は以下の通りです。


(1)痛む側の腕を少しずつ後ろに
   引き上げ、自然に止まる所で
   20秒キープします。
   
   
(2)腰の後ろに手を当て
   20秒キープします。
   
   
(3)手を90度に上げ、
   肘を120度に曲げます。
   
   その状態のまま腕を軽く後ろに
   引いて20秒キープします。
   
   
   
   これらすべて2セットずつ行います。



通常寝違えてしまった場合、どんなに長くても2~3日で首の痛みは解消されますが、1週間を過ぎても症状が改善されない場合は、速やかに整形外科を受診してください。



【出典】

ストレッチ動画・健康/美容動画 みっけ!





 タグ
None