549.png





咳が止まらない人が増えている?


風邪をひいたが既に治っている、もしくは風邪をひていないにもかかわらず咳だけが続いている人がここ最近増えています。しかも咳の症状が結構苦しかったりします。


熱もないし、喉の痛みもなく、体もだるくないにもかかわらず咳だけが断続的に続きます。朝は比較的調子がいいが、夕方になって急に咳込んだり、またその逆もあります。


少しずつ咳の症状が激しくなり、辛いときは苦しくて涙ぐみながら咳をするくらい症状がきついです。こうした症状は30種類以上の病気の原因になります。


1ヶ月以上続いているようでしたら、速やかに専門医を受診して下さい。




疑われる病気とは?


(1)気管支喘息

長期間にわたって「ヒューヒュー、ゼイゼイ」といった息苦しさを感じながら咳の症状が長期間続く場合は「気管支喘息」が第一に疑われます。


気管支が炎症を起こしているので、空気の肺への出し入れが非常に苦しいです。



(2)咳喘息

気管支喘息が気管支が炎症していることによって「ヒューヒュー、ゼイゼイ」と息苦しさを感じながら咳をするのに対し、咳喘息の症状は乾いた咳のみです。


咳喘息は気道に一般的な喘息のような炎症が起きています。気管支喘息ほど咳の症状が苦しくないので放置してしまいがちですが、すみやかに医療機関を受診しましょう。



(3)喉頭アレルギー


喉頭アレルギーの特徴は喉のイガイガとかゆみが咳とともに続くので、長期間続くとさすがに神経が参ります。原因はハウスダスト、スギ花粉、大気汚染、黄砂などです。



(4)アトピー性咳嗽

アトピー性咳嗽は、喉頭や気管にイガイガ感を伴いますが、痰はからむことは少ないです。風邪をきっかけに引き起こし、ひたすら咳の症状が3週間以上も続きます。


アトピー素因のある方が咳が1ヶ月以上続く場合はアトピー性咳嗽の可能性大です。



(5)結核


結核の症状は痰がからむ咳がいつまでも続きますので、とにかく息苦しい状態が続くことになります。感染します。結核は咳やくしゃみによって空気感染します。


結核は不治の病ではなくなりましたが、依然として結核が原因で死亡されるケースが少なくないので決して侮ることはできません。


結核の初期の症状は、咳、痰、発熱などで、ほぼ風邪と同じため、医療機関の受診を先送りしてしまいがちです。同じ症状が3週間以上続くようでしたら要注意です。





咳が続く場合は?


咳が続くと市販薬を手当たりしだい乱用してしまうケースが少なくありません。これが余計に医療機関の受診を遅らせてしまう大きな原因となっています。


そうならないため、咳を抑える方法を試してみて、それでも2~3日の間に治らない場合はすみやかに医療機関を受診しましょう。


まず私がおすすめするのは「置き玉ねぎ」です。これはたまねぎの皮を剥いた状態のものを枕元におきます。早ければ一晩で咳の症状は治まります。


次に今回ご紹介させていただく、つらい咳の症状を抑える方法を実践してみてください。これでも改善されない場合は速やかに医療機関を受診しましょう。



【出典】naoco yoga






 タグ
None