92050161011.png
 
 
 
 
■ お医者さんはなぜ激務をこなせるのか?


お医者さんの多くが一般の会社に勤務する人たちからは想像もつかないほど激務をこなしています。一日2~3時間程度の仮眠であれほどの激務をこなすのは容易ではありません。


そばで見ている方が苦しくなるほど過酷な状況の中で働いているわけですが、それではお医者さん全員が強靭な肉体を持っているのかといえばそんなことはありません。


むしろ体力面でいえば平均以下の人が少なくないと思います。短時間睡眠は仕事に慣れてスキマ時間を有効に使えるようになれば誰でも出来ますが、体力は中々向上しません。
 
 
 
92250161011.png
 
 
 
では、なぜあれほどの激務をこなせるのかといえば、食事にめちゃくちゃ気を使っている人が多いです。患者に健康指導する立場でもあるためある意味当然なのですが.....


しかし、医療に関するありとあらやる分野に精通されているお医者さんが自ら率先して食している食材を食べれば健康な生活を送れる可能性は一気に高まりますよね。




お医者さんが推薦する
健康にいい食材ランキング!

 
 
 
43940160927.png
 
 
 
■ 第5位 「りんご」
 
 
「1日1個のりんごで医者要らず」という言葉がありますが、りんごはペクチンやセルロースなどの食物繊維が豊富で、コレステロールを下げ、優れた整腸作用もあります。このため高血圧や便秘を改善する効果が期待できます。
 
 
 
 
22016907_20161012010506f25.png
 
 
 
■ 第4位 「ブロッコリー」
 
 
ブロッコリーにはガンの予防効果やピロリ菌の抑制効果があり、オリーブオイルを使って調理するとブロッコリーの高い栄養効果との相乗効果が期待できます。オリーブオイルでブロッコリーを炒めるだけで心筋梗塞などの血管の病気を予防します。
 
 
 
 
3004016919_201610120105090e7.png
 
 
 
■ 第3位「納豆」
 
 
納豆の原料である大豆は栄養価非常に高いです。しかも納豆がもつネバネバパワーが血液をサラサラにし、また納豆に含まれるコンドロイチンは、関節痛の予防効果があります。
 
 
 
 
50640160928_20161012010904367.png
 
 
 
■ 第2位「ヨーグルト」
 
 
ヨーグルトは優れた整腸作用があり、胃や腸の働きを良くする整腸作用が非常に優れているので、高い便秘改善効果が期待できます。
 
 
ヨーグルトは単品で食べても高い効果があるわけですが、他の食材(果物など)をトッピングとして加えることによって、相乗効果が高まります。毛細血管の強化作用を期待でき、老化防止に良いそう。
 
 
 
 
642016910_20161012010511bf8.png
 
 
 
■ 第1位「トマト」
 
 
イタリアでは「トマトが赤くなると医者が青くなる」といわれるほどで健康効果が高い食材です。ビタミンA、C、E、リコピン、カリウム、食物繊維、鉄分、カルシウム、クエン酸など優れた栄養素が沢山含まれています。
 
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【動画】岩本徹三さんのチャンネル
 
「医師が食べる健康食は?  未放送の重要な内容を一挙公開」
 

 
 
 カテゴリ
 タグ
None