487.png





どうしても甘いモノが我慢できない?!


私もつい最近まで毎日のようにスイーツを楽しんでいましたが、さすがに糖分の摂り過ぎを医師から指摘されたので、ここ最近は週末だけスイーツを食するようにしています。


特に苦しいことはありませんでした。体調も以前よりいいので、申込し早く取り組めばよかったと思っているくらいです。しかし、世の中には甘い物をやめられない人がいます。


自分の意思に関係する問題であれば特別気にする必要はりません。しかし、腸内の環境が影響して甘いものを常に求めてしまうのであれば大問題です。


腸には何種類物細菌が棲息しているわけですが、この中にある「カンジダ菌」が一方的に増え続けるとさらに拡大するために甘いものを求めてしまいます。


これは自分の意思ではどうにもなりません。このカンジダ菌は、腸内での勢力を拡大するために人間の「神経系」をコントロールしようとします。つまり乗っ取りですね。


そうすると食べたり飲んだりする行動までもがコントロールされてしまうので、甘い物を我慢できなくなり、食べたくないのに食べてしまう行動を取らされるのです。


あんまり健康番組などでも取り上げられないので、甘いものを我慢できないことに自己嫌悪に陥ってしまう方が多いのが現状なんです。






細菌によって甘いものを我慢できない?!


カンジダ菌が急に増えだす原因についてですが、過度のストレスや食生活が乱れたりすると腸内の環境が極端に悪化するとカンジダ菌がとんどん増加していきます。


カンジダ菌の好物は砂糖です。カンジダ菌がさらに勢力を拡大するために甘いものを強く求めます。極端に増えると内臓から溢れ出してしまい、感染症にかかりやすくなります。


カンジダ菌を性病と誤解されいる方が少なくありません。しかし、カンジダ菌は腸をはじめ体内のいたるところにいるので、実際のところは関係ありません。





カンジダ菌に乗っ取られやすい人とは?!


カンジダ菌が増殖する過程で発生する物質が血液にながれこんでしまうと本当に大変です。免疫力が著しく低下してしまうので様々な症状を引き起こします。


主な症状としては、頭痛、だるさ、めまい、吐き気、強い倦怠感などです。また慢性的な疲労感も代表的な症状でどんなに寝たり食べたりしても疲れが取れません。


カンジダ菌が増殖しやすいタイプの人は以下のとおりです。


(1)甘いモノが大好き

(2)食欲旺盛

(3)ダイエットを日常的に繰り返している

(4)お腹が張る、お腹が痛い

(5)ガスがたまりやすい





ガンジダ菌によるトラブルを改善するには?!


カンジダ菌に悪さをさせないためにも、カンジダ菌を増やさない努力が必要です。それにはまずカンジダ菌の大好物である砂糖とイースト菌をしばらく断つことです。


これが思いの外大変なんですが、同時に腸内環境を改善することで体調を飛躍的に改善することができます。そのためにも腸内の善玉菌を増やすことです。


それには、ヨーグルトや納豆など善玉菌を増やしてくれる食べ物を積極的に摂取することです。ヨーグルトは食べてもいいので、甘いものを控えても次第に苦ではなくなります。


現時点では特別体調は悪くないけども、これまでスイーツを過度に食べ過ぎていた人もこの機会に是非腸内の善玉菌を増やす食生活に切り替えてください。



【出典】白石光彦






 カテゴリ
 タグ
None