472_201510241532075b8.png
 
 
 
 
 
■ 先延ばしすると精神的にどんどん辛くなる!
 
 
「明日やればいい」といって先延ばししてしまうと次の日以降にやることが増えてしまいます。そして、こうしたことが積み重なっていくと結果的に本来もっと早くからやるべきことができなくなってしまいます。
 
 
意外に思われるかもしれませんが、実はこれが社会で働く人たちのストレスの原因として大きな割合を占めています。先延ばししてしまったがために、本来予定どおりできたはずのことができなかったとなれば誰だって先延ばししたことを後悔しますよね。
 
 
夏休みの宿題を貯めこんでしまう子どもと同じです。職場の人たちに注意されたり、怒られたりすれば、誰だってやらなかったことを後悔し、自己嫌悪に陥るので、さらに心が苦しくなります。
 
 
 
 
1154016913.png
 
 
 
 
この心のちょっとした隙間にストレスは容赦なく入り込んで拡大していきます。こうしたストレスを解消するために人が出来ることは実は限られています。「夜更かし」と「過食」です。
 
 
もちろんコレら2つ以外にも色々方法がありますが、代表的なものとしてあげさせていただきました。夜更かしする原因はその日に起こったことに満足していないためと言われています。こうした状態が続けば睡眠不足となり、心と体の健康を害してしまいます。
 
 
つまり、先延ばしすればするほど自分自身が辛くなり、そのストレスを発散しようとして不健康な生活に身を投じてしまいます。つまり色々なストレスがからみあって先延ばししてしまうわけです。



 
1224016913.png
 
 
 
 
■ 追い込まれれば良い仕事ができるは嘘?!
 
 
仕事などで時間があるからと、嫌なことを先延ばししてしまうと、時間が経過するにつれて心理的プレッシャーが大きくなりますので、次第に余裕がなくなり、焦ってきます。
 
 
そのような心理状態で良いしごとができるかといえば決してそんなことはありません。どうしてもミスが生じやすくなりますので、職場の人たちに迷惑をかけることになります。
 
 
また、一つ先延ばしすると、やがて二つ、三つと増えていくので、「あれいつまでやればいいんだけ?」「これはいつやろうかな...」といった無駄な確認作業ばかりが増えます。
 
 
その結果として生産的な時間がどんどん削られていくので、どんどん追いつめられます。
 
 
作家や漫画家などは自分を追い込むためにギリギリまでなにもしない人がいますが、これは天才だから成せる技であって、一般の人がこのようなことをやれば精神が崩壊します。
 
 
追い込まれて何かをするよりも、余裕を持って行えるほうが遥かに生産的ですね。
 
 
 
 
1204016913.png

 
 
 
■ なぜ先延ばししてしまうのか?!
 
 
やらなければならないことを先延ばししてしまうのは、その人が怠慢だからと思われがちですが、実は恐怖心から先延ばししてしまうことのほうが多いんです。
 
 
とくに仕事で失敗グセがついてしまうとどうしても消極的になってしまいます。新しいことにチャレンジするよりも無難なことだけに活路を見出そうとします。
 
 
しかし仕事ではそういうわけにもいきませんよね。ですので、上司から新しい仕事を振られると「やらなくていい方向に動くこと」を期待したりします。
 
 
 
 
1194016913.png
 
 
 
 
■ 先延ばしする人は時間管理が下手?!
 
 
先延ばしする人は、時間管理が苦手な人が多く、当然仕事の段取りも良くありません。こういった人たちは他の人よりも一つの仕事に対する確認作業が多かったりします。
 
 
つまり、本来であれば「やらなくてもいいこと」を「やらなければいけないこと」にしてしまうので、どんどん無駄なことが増えてしまうので、仕事のペースも遅れてしまいます。
 
 
ギリギリまで先延ばしすると仕事だけでなくプライベートでもどんどん時間がかなくなりますので、さらにストレスがお大きくなり、仕事に対するやる気が削がれてしまいます。
 
 
しかも、全てのことに対して完璧主義の人が少なくありません。このため自分には甘くて他人には厳しくなってしまうのです。これでは職場の人はたまりませんね。
 
 
 
 
917_2016091400005982e.png
 
 
 
 
■ 先延ばしグセを克服するには?!
 
 
まずやらなければいけないことを毎日優先順位をつけて紙に書きだして下さい。頭の中だけで整理しようすると失敗しますので必ず紙に書かなくてはいけません。
 
 
そして、1番重要なことから先に取り組んでいきます。こうすることで「やらなければいけないこと」をしっかり普段の生活の中で意識できるようになります。
 
 
最初のうちはストレスに感じるかもしれませんが、徐々に当たり前のこととして、優先順位が高いものから取り組めるようになります。そうなるとストレスは低下していきます。
 
 
しかし、そうはいってもこれまで悪い習慣を手放せるものではありません。どうしても後回しにしたくなることもあると思います。そのときは後回しにするリスクを考えましょう。
 
 
それを後回しにすると「どのような悪いことが起こるのか」を考えることによって、「やらなけれいけないことをやらないほうが損をする」と考える方向へと導きます。
 
 
問題が起こったらどうしようと考えながら仕事をしてもいい仕事はできません。とにかく何をするにしても消極的になるので、気持ちを切り替える必要があります。
 
 
そして、「絶対に成功する!」といった強い気持ちを持って挑んで下さい。
 
 
 
 
【参照動画】中野信子さん
 
「すぐやる人、あとまわしにする人」
 

 
 
 カテゴリ
 タグ
None