415.png





自分の口臭は自分では分かりにくい!


他人の「口臭」や「体臭」などは敏感なまでに気づくことができますが、自分のこうしたニオイに関しては中々自分では分かりにくいものなので放置してしまいがちです。


誰でも学校や職場で自分の口の臭いが気になり、思うようにコミュニケ-ションがとれなかった経験があるのではないでしょうか?。そうなると次第に行動も消極的になります。


ただ口臭について悩むだけでは問題は解決しませんが、口臭は病気を早期発見する手掛かりにもなりますので、しっかり口臭の原因を突き止める必要があります。


原因を把握した上でそれに対して適切に対応することで口臭の悩みから開放されます。


しかし、そうはいっても自分の口臭を直接自分で確認するには限度があるので、それプラス間接的に確認する方法が有効ですので、今回いくつかご紹介させていただきます。






手を舐めてニオイを確認する


手のひらを舐めて、手のひらが完全に乾いた状態で臭いを嗅いでみてください。もし口臭に問題があれば口臭に近い臭いがしますので、口臭のバロメターとなります。


こうすることで口臭の有無だけでなく、その臭いの強さから臭いの種類までを把握することができますが、人によっては口臭があることを知って精神的に落ち込む方もいます。


事前にそのことを理解した上でこの方法を試された方が精神的なショックを避けられます。


基本的にこの方法は唾液が完全に乾いてから臭いをチェックします。通常完全に乾いてしまった状態ではほとんど臭いはせず、限りなく無臭に近い状態です。


ですので、完全に乾いた状態でありながら、自分で不快に感じるレベルの臭いがする場合は口臭がある可能性がかなり高いと判断することができます。





コップやビニール袋で確認する


朝起きてすぐに確認することで、その人の生理的口臭が明らかになります。


まず、コップもしくは袋をご用意して下さい。これらに強く息を吹きかけます。できるだけ息が外に漏れないようにするためにすぐさま息を閉じ込めます。


臭いを確認するまえに一度軽く深呼吸してからコップや袋に閉じ込めた息のニオイを嗅いでみてください。朝一番にやると本当の状態が把握しやすいです。





口臭チェッカーを使用する


最近は口臭チェッカーという口臭を判定する機器が市販されています。価格は数千円程度が主流でして、アマゾンや楽天などで気軽に購入できます。


口臭チェッカーは、口の悪臭の元凶とされる「メチルメルカプタン」を機械で判別し、ニオイの強弱(4段階、6段階)を判断することができます。


口臭チェッカーは、口臭のレベルを簡単に診断できる優れものではあるのですが、どんな臭いか分からないのが欠点となっています。





口臭を定期的にチェックするメリット!


定期的に朝一番で口臭チェックを行なうと歯を磨いたあとに強い口臭を感じることがあります。この場合は虫歯がニオイの原因であることも考えられます。


これは、歯を磨いたことによって虫歯の面がきれいに露出され、口臭が発生したためですが、定期的に口臭チェックを行っているとこうしたことを把握しやすいです。


また、ストレスによって胃などの内臓器官が炎症している場合もあるので、ただの口臭の問題と侮らないで、体に不調があればすぐに医療機関を受診して下さい。


口臭が気になる場合は放置せずに早めに対処することで、心と体の健康につながります。





【出典】pastimeチャンネル






 カテゴリ
 タグ
None