■メタボ検診のメリットとは?

2008年(平成20年)4月1日からメタボ検診が義務化されたことにより、ある日突然メタボ
というキーワードが独り歩きするような形で注目を集めることとなりました。


しかし、おしつけがましい政府の姿勢が裏目にでてしまい、その結果として医療に対する
不満が国民の間で広がります。そして、こうした不満はメタボ検診に関しても同様です。


メタボ検診自体は決して悪い物ではありません。実際にメタボ検診を受けるにあたって、
特別時間や料金がかかることもありません。病気が深刻化することを防いでくれます。





■メタボ検診義務化に不満続出!

どう厳しくみてもメタボ検診はデメリットよりもメリットの方が多いです。しかし、義務化
されるとなると、色々と条件も厳しくなり、どうしても抵抗があるようです。


また、政府が信用されていないことも理由としてあげられます。メタボ検診を義務化すると、
メタボの疑いがあるか方々は、一方的に出費を迫られることとなります。


検診料だけで済めば良いですが、治療するとなれば治療費はかかりますし、場合によっては
交通費もかかります。こうした負担を強いられることに多くの人が不満を感じています。




■医療機関側も大迷惑?

メタボ検診を義務化してしまったことによる問題は、実際に検診を受ける患者さんだけでは
ありません。医療機関側にも問題が生じています。まず環境を整備しなければなりません。


現状ではメタボ検診が実施されている医療機関は限られてます。全ての医療機関にてメタボ
検診が行えるようにするためには、しっかり環境を整備する必要があります。


それ相当の設備を導入しなければなりませんので、つまり相当の費用がかかるわけですから、
費用をねん出するために多くの医療機関が頭を痛めているのが現状です。


 カテゴリ