5228920161125.png
 
 
 
 
■ ネガティブは決して悪いことではない
 
 
ポジティブであることが良くてネガティブは良くないといったステレオタイプ的な考え方が一般的には依然として根強いので、これが逆に自己肯定感を拒絶することとなります。
 
 
人間誰しも24時間365日ポジティブ思考でいられるはずがありません。時にはネガティブ思考に陥ることが普通にあります。
 
 
著名な俳優、スポーツ選手、ミュージシャン、実業家、政治家などは、なぜ成功できたのかといえば、ネガテイブな自分さえも、しっかり受け入れることができたからに他ありません。
 
 
390.png
 
 
そうしなければ常に不安に怯えることになってしまい、その時々で正しい決断ができるはずもありません。
 
 
自己嫌悪から「こんな自分はいやだ」、「何でこんな簡単なことで失敗するんだ」「俺はこういうふうに人から見られたい」と、自分そのものを否定してしまうケースが多いです。そうすると余計に自己否定感が大きくなってしまうので生きるのが苦しくなります。
 




607.png
 
 
 
 
■ 思考や感情に振り回されないようにするには?


こうしたマイナス的な出来事や感情はしっかり受け入れなければなりません。


苦しんでもがいた結果なので、仮に良い結果が得られなかったとしても、自己嫌悪に陥るのではなく、むしろ自分を誇るべきです。「私は頑張ったんだね」と...


ですので、もし仕事で上手くいかなかったり、上司に叱られたして、自己嫌悪に陥ってもマイナスの感情をまず受け入れてあげて下さい。そうすれば苦しみから開放されます。


人間には色々な思考があり、感情があることを受け入れましょう。そうすることで思考や感情に振り回されなくなります。自分にとって価値ある方向に意識を常に向けるように意識してください。
 
 
  
 
 
606.png
 
 
 
■ 自己肯定感を持つために必要な最初のステップ
 
 
本来であれば人の心も自然に従えば必ず幸せになれるはずなんですが、思考や感情に振り回されてしまうことによって正しい選択ができなくなり、常に思い悩むことになります。
 
 
そうなれば不安が生じないわけがありません。その結果として「不幸」になります。ですので、本当の意味で自分に自信を持ちたいのであれば、一人でいるときに不快な感情がメラメラとわき起こったととしても、それをごまかしてはいけません。
 
 
否定せず、ありのままに受け入れることによって新しい道が開けます。
 
 
 
 
 
926.png
 
 
 
■ 無理をしない
 
 
ネガティブ思考=悪という考え方を捨てて下さい。ネガティブは悪ではありません。ネガティブな状態が希望を生み出すからです。ポジティブな状態にあるのであれば、誰も希望を持とうとしません。
 
 
すでに満足しているので無理して希望を持とうとする必要がないからです。また、ネガティブな状態にありながら無理してポジティブになる必要も全くありません。こうした思考をすべてコントロールすることはできません。
 
 
 
 
 
605.png
 
 
 
■ 全て人生の糧となる
 
 
「何でこんなことを考えてしまうんだ...」といった具合に罪悪感を感じてしまうケースが少なくありません。本当にこんなちょっとしたことで人は躓いてしまいます。
 
 
例えば、職場で嫌がらせを受けて、その復讐として同僚の持ち物を盗んでしまうといったことを妄想してしまい、そんな嫌な自分に嫌悪してしまうのです。
 
 
しかし、それは行動に移さなければ起こりえないことなので、起こっていないことを否定する必要もありませんし、想像することは自由なので何の問題もありません。
 
 
 
4720161114.png
 
 
 
マイナス的な思考や行動をとってしまうことも長い人生にとってはプラスでしかありません。
 
 
マイナス思考を受け入れる方法がいくつかあるのですが、その中でおすすめなのが、だれでも簡単にできる作業をやりながら「○○ができない」と言う心のエクセサイズです。
 
 
腕立て伏せををしながら「腕立て伏せができない」、絵を描きながら「絵が描けない」と、いいながら逆のことをやることによって、脳の中で成功体験を積み重ねることができます。
 
 
そうすることで徐々にネガティブな感情や思考を受け入れられるようになります。ネガティブな状態に陥ったとしても、現実では自分が望むように行動できると意識すれば、自然と「マイナスの感情は悪いものだ」と評価することがなくなります
 
 
 
 
【出典動画】 樺沢紫苑先生
 
「不安を簡単に取り除く方法」
 

 
 
 カテゴリ
 タグ
None