■メタボ検診とは?

2008年(平成20年)4月1日からメタボ検診が義務化されたことにより、急速にメタボリック
シンドロームや生活習慣病に対する不安が一般の人達の間で広がることになりました。


一夜にして巨大市場ができたことで、国内の食品・飲料メーカーは、関連商品を大量に市場
に投入しています。また、自己診断するための自己検査キットが注目を集めてます。


メタボ検診を受けるだけではダメなんです。検査を受ける前日までは体質改善に取り組むの
ですが、それ以降は徐々に意識が低下します。ダイエットのリバウンドと同じです。





■自己検査キットのメリット

自宅で自己検査キットを利用して定期的に検査することによって健康への意識が高まります。
検査キットを利用すれば、どれだけ改善、または悪化しているかが分かります。


ちなみにメタボリックシンドローム用の検査キットは、主に血液を検査するためのものです。
ですので、ご自身で血液検査を行うことになります。「えっ?自分じゃ無理でしょう」。


と、多くの方が思われるかもしれませんが、検査キットを利用すれば、特別な医療スキルが
無くても誰でも簡単に血液検査が行えますので、どうぞご安心下さい。




■自己検査キットの使い方

使い方は非常に簡単です。まずガーゼで消毒液を指につけ、ランセットという器具を指に押し
つけると針が指に刺さって血が少し流出しますので、それを吸引器で血液を吸出します。


そうしましたら、それを溶液ボトルに入れ、シリンダーをつかってろ過し、密封します。これ
を血液を検査センターに郵送することによって、後日結果が分かるようになっています


また、項目によって自分で判定できるものもります。採取して直ぐに結果がわかる項目もあり
ます。何といっても血液採取が手軽に、しかも安全に行えるので利用価値は非常に高いです。