224.png





■がんの治療法とは?


川島なお美さんは、今年1月に肝内胆管がんの手術を受けるも「抗がん剤治療」を拒否し、
民間療法を選択しましたが、残念ながら54歳という若さで亡くなられました。


川島なお美さんを苦しめた肝内胆管がんは自覚症状がなく、罹患率と死亡率がほぼ同じで、
治療しても治りにくいことから、死亡につながりやすい病気の一つとされています。


現在医療機関で受けられるがんの治療法は以下の通りとなっています。



(1)外科治療


がんの部分を取り出す手術をします。お腹を切る手術と腹腔鏡を使う手術の2つです。



(2)放射線治療


がんの病巣に放射線を照射を行います。がんは放射線により増える力を失い、死滅します。放射線治療は医師の技術格差が非常に大きく、再発リスクが高いとされています。



(3)化学療法

化学療法=抗がん剤治療となります。抗がん剤の内服や注射によって「がん細胞」を死滅するのですが、悪性の細胞だけでなく優良の細胞までも死滅してしまうリスクがあります。



(4)遺伝子治療

がんの元である遺伝子異常を減らしていきます。点滴、もしくは注射をします。抗がん剤、放射線による治療で免疫力が低下した状態でも治療可能で入院は不要です。


しかし、保険適用外なので1回あたり100万円以上の治療費がかかります。



(5)免疫療法

免疫療法は、がんだけに特化した「特異的免疫療法」と、免疫力を促進することによって、抗腫瘍効果を高める「非特異的免疫療法」の2つがあり、非常に優れた治療法です。


しかし、こちらも保険適用外なの治療費が非常に高額です。




【 出典 】

木の倉鍼灸マッサージ治療院











 カテゴリ