203.png





■ダンピング症候群とは?


フリーアナウンサーの黒木奈々さんが胃がんで亡くなりました。32歳という若さでの死、胃を摘出したにもかかわらず黒木さんは回復することはありませんでした。


黒木さんは胃を摘出したあとにダンピング症候群に苦しめられていたようです。


ダンピング症候群は、胃を摘出したことによって一度に食べ物が小腸に来てしまい、動悸、冷や汗、息切れなど様々な症状を引き起こします。特に全摘した場合は要注意です。


ダンピング症候群は、「早期ダンピング症候群」「晩期ダンピング症候群」の2つがあり、早期ダンピング症候群は横になり、晩期ダンピング症候群は糖分を多めに摂取します。


そうすることによって、ダンピング症候群の症状を抑えることが出来ます。