136_201509172244270a4.png





■甲状腺の病気の特徴


今回のテーマは「甲状腺腫瘍」です。甲状腺腫瘍は発症頻度が高い病気で10人に3人がかかるとされており、ほとんどの場合良性ですが、中に悪性もあって注意が必要です。


甲状腺は首の前面にある喉仏の上に蝶が羽を広げたような形にあるホルモン臓器です。


甲状腺は新陳代謝を促す甲状腺ホルモンを作る大切な臓器です。30、40歳代の女性に多いバセドウ病や甲状腺機能低下症が甲状腺の病気としてよく知られています。


バセドウ病というのは若い女性の方に多い病気で首が腫れて汗をかく、手が震える、食欲があるにもかかわらず体重がどんどん減っていくような病気です。


バセドウ病を放置ると脈拍数がどんどん速くなり、つまり心臓が異様に働きすぎてしまい、心不全になって命を落とすこともあるので、すぐに治療する必要があります。


バセドウ病を患った著名人で有名なのが以下の方々です。



(1)絢香

(2)増田恵子

(3)YOSHIKI

(4)田中角栄

(5)岩崎宏美

(6)本田圭佑(非公表)



出典:「健康ぷらざ」

チャンネル登録はコチラ

https://goo.gl/UllyUv











■甲状腺腫瘍とは?


甲状腺が様々な原因で大きくなった状態を甲状腺腫瘍といいます。


甲状腺が正常な場合は小さくて柔らかいので外から見てもわかりません。


しかし腫れてくると盛り上がり、外見上もわかるようになります。


手でしこりを感じて腫れに気付く場合も少なくありません。ほとんどの場合良性ですが、中には悪性もあって、転移などで死に至ることもある非常に危険な病気です。


甲状腺腫瘍は90%が良性の腫瘍です。その中でも腺腫様甲状腺腫という病気がほとんどを占めます。甲状腺のがんの中では、「乳頭腺がん」が一番多いです。


他に「濾胞腺癌」、「髄様癌」、「未分化癌」があります。


未分化癌を除くと予後の良い腫瘍で手術をすれば再発はあまりありません。


未分化癌は予後が悪く、発見されても治ることはほとんどありません。





■甲状腺腫瘍の症状


甲状腺腫瘍の症状は喉のしこりや違和感、痛み、飲み込みにくさ、声のかすれなどの症状が出てくることがあります。ほとんどの場合喉のしこりで発見されることが多いです。


しかし、それだけでは悪性か良性かは分からないので、どうしても医療機関で精密検査を受けて頂かなくてはならなりません。おかしいと思ったら、まず病院を受診しましょう。





■甲状腺腫瘍の検査


まずは触診が大切です。触診で首にしこりがあれば次に超音波検査を行います。


超音波検査を行って腫瘍が確認できたら、そのあと細胞を取って良性か悪性かを区別する穿刺吸引細胞診をおこないます。その結果、良性、悪性の判断をします。





■甲状腺腫瘍の治療


甲状腺腫瘍の治療ですが、良性の場合経過観察が必要です。


悪性の場合には、腫瘍の種類や進行度に応じて手術療法、放射線治療、がん細胞の増殖を抑えるためにホルモン療法、抗がん剤を使用する化学療法などから選択します。


がんと診断されたら原則は手術療法です。乳頭腺癌、濾胞腺癌、髄様癌は手術を行います。未分化癌に関しては、手術することができず、化学療法をする事が一般です。


良性の甲状腺腫瘍は大きさの変化も少なく、経過観察だけで良いことがほとんどですが、楽観視するのは危険なので、まず良性か悪性の診断をつけることが大切です。


甲状腺腫瘍は、ご自分で見つけることが可能だと思います。


ですので時々で結構ですから、右手で首の真ん中より左側、左手で首の右側を上下にさすっていただいて、しこりに気がつかれたら、かかりつけの医師に相談をしてください。