240.png





■酵素がなぜ減るのか?!


今回は、酵素が生成される働きが加齢と
ともに減ってしまう体の仕組みについてと
出来るだけ酵素を減らさない方法を
分かりやすく解説しています。


また、「酵素のはたらき」について
非常に分かりやすく解説されている
こちらのYoutube動画も是非ご覧ください。


酵素量が減ると体の臓器の本来の働きが
著しく悪化してしまいます。


そうすると様々な病気を引きおこします。


ですので、酵素量を減らさない努力と、
増やそうとする努力の両方が大切です。










■酵素量には限界がある


残念ながら人間の体内で酵素を生成する能力には限界があります。勿論人によって多少差
はありますが、一生のうちに生成される酵素の総量もある程度決まっています。


ちなみに生まれたばかりの赤ちゃんと70歳のお年寄りとを比較し場合、酵素の量は赤ちゃん
の方が圧倒的に多いです。驚くべきことにその差は実に数百倍とも言われています。


酵素は生命の源といってもいいくらいの存在です。しかし、年齢とともに酵素の量は減ります。
酵素を体内で生成する量以上に酵素を消費するれば、あっという間に酵素不足になります。





■酵素不足=体調不良


とくに気をつけたいのがアラフォーと呼ばれる世代です。 酵素を生成する力が急速に弱まり、
若いころと同じ感覚で生活を続ければ酵素不足から頻繁に体調不良を起こします。


そのまま放置して暴飲暴食を続ければ心筋梗塞、脳こうそく、狭心症などを患うことになりま
すので、酵素を増やしながら、酵素を消費する量を減らす努力を心がける必要があります。


肉や魚などの動物性タンパク質を過剰に摂取したり、夜遅くに食事したり、アルコールや煙草
を過剰に摂取すれば、すぐ酵素不足に陥りますので、生活をあらためなければなりません。





■体調不良を解消するには?


体調不良から回復するには、できるだけ酵素不足の状態を解消することです。 しかし、残念
ながら多くの方が酵素の存在をしりません。また、体調不良となる仕組みも知りません。


病院に通って医師から処方される薬を飲むだけだと、一時的には回復するかもしれませんが、
酵素不足が抜本的に解消されたわけではないので、再び同じ症状に苦しめられます。


場合によっては重度の生活習慣病に発展してしまう可能性すらあるので、まず酵素の存在と
体内で酵素が減ったり増えたりする仕組みを知って頂くことが非常に重要だと考えます。


 カテゴリ
 タグ