76.png
 
 
 
 
 
■ 白湯ダイエットとは?
 
 
今回のテーマは「白湯ダイエット」です。白湯は「暖かいお湯」のことですが、その白湯を飲むだけで健康的にダイエットができるという画期的な方法になっています。
 
 
例えば朝起きて白湯をコップいっぱい飲むと体の内側から温めてくれるので内蔵の働きが良くなるので、自然と体の機能が活発化し、美容と健康に優れた効果が期待できます。
 
 
具体的には消化機能が活発化するので代謝も良くなり、太りにくい体質になります。
 
 
では適当に飲めばいいのかというと、決してそうではありません。
 
 
一定のルールに従って飲むことによってさらに効果を高めることができます。
 
 
77178920161201.png
 
 
これはタダの健康法ではありません。インドで数千年前から伝わる「アーユルヴェーダ」という伝承医学の一部です。数千年々の時を経ても人びとに親しまれています。
 
 
また、動画内でnaocoyogaさん自ら白湯の作り方から飲み方までも実演しながら解説していますので、正しい白湯の飲み方を今日から無理なく始められます。
 



 
922.png
 
 
 
 
■ 白湯のつくリ方!レモンなどを入れるともっとおいしい!
 
 
まず白湯にするためのお水を用意します。一番いいのは湧き水ですが、難しいのであれば、ミネラルウォーターや家庭の浄水器の水などキレイな水を沸かして、白湯を作ります。
 
 
1回に1リットル程度沸かします。沸騰したらやかんの蓋をあけてお湯に空気をふくませてあげるために、お湯が沸騰したらすぐに窓をあけて換気扇を回してください。
 
 
そうすることによってお湯に空気が含みやすくなります。
 
 
この状態からさらに5~10分ほど沸騰させたままの状態でキープします。
 
 
終わったら火をとめて冷やします。目安は50度ぐらいまで冷やします。また、レモンなど果物を入れるとおいしくいただけますまし、一段上の優れた効能・効果が期待できるデトックスウォーターになります。
 
 
 
 
 
924_2016082717204192a.png
 
 
 
 
 
■ 白湯の飲み方
 
 
体が冷えてるときは少し熱め、また夏の暑い時などは少しぬるめにするのもいいですね。季節に合わせて調節してください。ただし冷やしすぎないように注意してください。
 
 
1回につき100から150ccぐらい、1日に0,800~1リットルが目安になります。それ以上飲んでしまうと必要な栄養素まで流してしまうのでご注意ください。
 
 
ガブガブ飲むのではなく、5分ぐらいかけてゆっくり味わいながら飲むのがいいようです。また、ダイエット中の方は白湯を飲むことで「食べたい」という欲求を抑えられます。
 
 
ダイエットのストレスを抑えてくれるので、よりダイエット効果が高まります。
 
 
せっかく頑張ってダイエットしているのに、お腹がすいて間食したら意味がありません。その代わりに白湯を飲むようにすれば、無駄食いをしなくてすみます。
 
 
77278920161201.png
 

 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
【動画】naocoyogaさん
 
「白湯ダイエット☆痩せたいなら白湯を飲みなさい☆白湯デトックス」
 

 
 
 カテゴリ