407.png





■今回のテーマは「ストレス解消」


今回ご紹介するYoutube動画は、「ストレス解消」について分かりやすく解説しています。ストレスは万病の元と言われるくらい、あらゆる病気の原因の一つとされています。


今回は脳外科医の上山博康医師がストレスをストレスで断つ方法について解説しています。上山博康医師は、年間手術数が600件以上こなす脳外科のスペシャリストです。


上山医師の凄いところは、時に一回の手術で6時間以上もかかってしまう、非常に過酷な仕事をこなしているにもかかわらず、淡々とこなしてしまうところです。



出典:「主治医が見つかる診療所」











■空腹がストレスを抑える


健康を維持するために最も大切なのが「食事」です。上山医師はほぼ毎日オペがあるので、基本的に食事は緊張感を高めるためにオペの前にはとらないそうです。


これもストレスを抑えるための働きがあります。またオペが終わったあとにアイスを食べてます。甘いモノがストレスを抑える働きがありますが、カロリーが高いのが難点です。


無類の練乳好きのようなんですが、あまり食べ過ぎると奥さんに叱られてしまうようです。


毎日病院で出されるお弁当を食べているようです。バランスがとれた食事を心がけているようなんですが、それでも太りやすいようなので、体重を気にされています。


私もよくやるのですが、体重を減らしたいときは、納豆だけを食べるようです。


お腹が減るのはいやなのと、満腹にはならないので、すぐに仕事に取り掛かれます。


脳外科医の仕事は極度の緊張感の中で行われるので、ストレスのレベルが違います。





■ストレス解消の基本は遊び


過酷な仕事をこなすためには健康でなければなりません。


ですので、ストレスを維持しないことが大切なようです。


そこで、上山医師はストレスを違うストレスで断ち切るのだそうです。


上山医師の場合、PCの組立作業で仕事のストレスを断っているようです。


細かい作業そのものがストレスなので、これが仕事のストレスを断つのにいいようです。


また、上山医師のもう一つの趣味は釣りで、釣りに使う仕掛けはすべて自作しているようなんですが、これも細かい作業なので、仕事のストレスを断つにはいいようです。



 カテゴリ
 タグ