hikari.png





■なぜ紫外線と言うのか?


きょうのテーマは「紫外線」です。


こども達は夏休みに入り、家族で外に出る
機会が多くなるこれからの季節、しっかり
とした対策が必要です。


さて、ところでなぜ紫外線と言うか
みなさんはごぞんじでしょうか?。


「紫の外」ですね。


その通りです。まずこちらをご覧ください。


この光の種類にあるんですけれども、
太陽から届く光のうち、赤、オレンジ、
黄色、緑、青、藍色、紫、このいわゆる
「虹の七色」は、人が目にすることが
出来る可視光線と呼ばれています。


昔「赤橙の緑は青藍の紫」
と覚えさせられました。


なるほど、今日大切なのはそこではなくて
ですね、赤と紫の外側「赤外線」と
「紫外線」なんです。



出典:「いわて元気○」

【気になる紫外線対策】











■なぜ紫外線と言うのか?


続いてこちらのグラフをご覧下さい。


これは月別の紫外線の「照射量」
を表したものです。


一般的に紫外線は、
5月の連休辺りから強くなりはじめて、
7月、8月にピークを迎えます。


これは全国共通ですね。


続いて時刻別に見てみます。


これは7月のデータなんですが、
一日のうちでは正午前後、いわゆる太陽が
最も高くなる時間帯に一番紫外線が
強くなることが分かります。


また薄曇りの日でも紫外線は晴れの日の
60%から80%降り注いでいると
いわれていますので


ギラギラとした日差しが
なくても油断は禁物です。


ではなぜこの紫外線の対策が
必要なんでしょうか?。


盛岡市盛岡市西千北にある
中村・北条クリニック、皮膚科の
中村浩昭先生に紫外線が私たちの
体に与えるダメージについて聞きました。




■紫外線によるダメージとは?


影響とすれば日焼けですよね。


その急性のもので、浴びた時に
こう真っ赤になってしまうとか、


水ぶくれが出来てしまうとか、
そういう状態が急性の影響。


それから慢性的には先程もちょっと
いいましたけども、しみとか、たるみとか、
しわとか、そういうもの...


それから皮膚がんが出来やすくなると、
年取ってから出てくるしみとかしわとか
そいういったものは、若い頃からの
蓄積といわれてますから


だいたい20歳までの間に一生浴びる
紫外線量の半分は浴びちゃうと
言われてますので...


だから小さい頃からケアしたほうが、
のちのちのためにはいいのかなと思います。




■紫外線の種類について


紫外線は波長の長い方からA、B、Cと
三種類に分類されています。


紫外線は波長が短いほど有害性が
強いという特徴を持っています。


一番波長が短いC波は、オゾン層などに
遮られるために地上には届きませんが、
ここ最近オゾン層の量が減っている
ことから地上に届く紫外線の量が
増えるのではと心配されています。


そして、C波より波長が長いB波は、
一般的に肌を赤くする紫外線、


一番波長が長いA波は、肌を黒くし、
しみやしわの原因に大きくかかわって
いるとされています。


それでは、紫外線を避けるには
どうしたらよいのでしょうか?。




■紫外線対策のおさらい


時間的には10時くらいから午後2時位
までの間は極力必要じゃなければ、


あんまり外にでないほうがいいのかな
というのが一つですね。


まあ浴びないということですね。


それからもう一つは、日焼け止めを
きちんと塗るということが
大事になると思います。



紫外線にも種類があったんですね。


そうなんです。


三種類に分けられるんですね。


ではここでもう一度おさらいをします。


紫外線対策で必要なことは、
紫外線を必要以上にあびないことです。


まず一つ目、紫外線の強い時間帯の
外出を避けましょう。


午前10時から午後2時位の
4時間となります。


そして、日焼け止めを上手に使いましょう。


またインタビュー中にもありません
でしたが、このUVカット効果のある日傘や
サングラス、そして、帽子などを活用する
のも大切になってきます。


10年、20年先への影響も考えられる
紫外線によるダメージですので


夏だけではなく、一年を通しての対策が
必要となってきそうです。


私が若い頃は、
日焼けがあまりよくないとか、
紫外線に注意しなければいけないって、
まず認識自体があまりなかったんですよね。


子どもは色が黒いほうが健康だと
いわれていた時代ですよね。


どうやって焼けようかと思っていた時代
ですから、そう考えると、今はこういう
情報がせっかくあるわけですから、


こういう防ぐためのことをちょっと
頭の片隅に置いて無駄に余計には日焼け
しないようにっていうことを注意した
ほうがいいかもしれませんね。


必要以上の紫外線の浴び過ぎは
予防したほうがいいかと思います。