504.png





■今回のテーマは「結核」


今回は「結核」がテーマです。


結核は、戦中戦後に流行った病気で、
「今では発症する人はほとんどいない」
 と思われている方が非常に多いです。


実はそんなことは全くありません。


医療が進化したことによって
不治の病ではなくなりましたが、
依然として結核を発症する人たちが
増えているのが現状なんです。


WHO(世界保健機関)の調べによりますと、
すでに20億人以上の人が結核菌に感染
していることが明らかになっています。


その内800万人が実際に結核を発症し、
しかも200万人以上の人たちが
毎年命を落としています。


ですので、依然として死亡率が高い病気
であることに変わりありません。



出典:「吉田たかよし」










■世界の結核の裏事情とは?


世界で結核患者の多い上位三カ国は、
以下の順となっています。


(1)インド

(2)中国

(3)インドネシア


1位のインドは毎年約50万人もの
人たちが結核で命を落としています。


これは全世界の約30%にもおよびます。


ただし、2位の中国が結核の発見率が
2割程度と異常に低いわけです。


ですので、正確な数字は物凄いことに
なっているかもしれません。


というのも結核を発症しても9割以上の
方々が満足な医療を受けられないからです。


一人っ子政策を破って生まれてきた子ども
の中には戸籍がない方も沢山います。


ですので、実際には統計上の数字以上に
結核を発症及び亡くなられている方は
想像している以上に多いんです。




■結核の原因とは?!


一方日本はどうかというと、
恐ろしいことに約2000万人もの
人たちが結核に感染しています。


ですので、日本人の6人1人は結核に
感染しているので、お身内の中に結核に
感染している人がいてもおかしくないです。


しかも、毎年約3万人結核を発症し、
そのうちの2000人程度が死亡してます。


こどものころBCGを打たれたと思いますが、
BCGは結核を予防するためのワクチンです。


BCGの結核を予防する効力は10年から
15年程度と非常に短いです。


BCGは、子どもが打つことによって
高い効果がえられるワクチンです。


大人に打っても高い効果はえられません。
つまり、大人には有効ではないんです。




■結核の治療とは?!


結核になってしまったらすぐに医療機関
を受診しなければなりません。


そのうち効果が優れて副作用が少ないと
されているのが抗結核薬は4~5種類です。


治療方法は薬物療法が中心となります。


結核を自分で診断する方法についてですが、
咳や痰が2週間一上続いたら結核を疑って、
すぐに医療機関を受診してください。


 カテゴリ
 タグ